So-net無料ブログ作成
検索選択

Maelyn (The Nine Princesses #1) [英文多読]

■英文多読に挑戦(641冊目)

B008GGB8OWMaelyn: (A Free Princess Book) (The Nine Princesses Book 1) (English Edition)
Anita Valle
2012-06-29

by G-Tools
Author : Anita Valle
Series : The Nine Princesses #1
Genre : YA, Fantasy, Romance
YL=4.5、単語数=16000(概算)、ページ数=174、☆4.0
[Kindle Edition] [オーディオブックと併せて聴き読み]

その昔Runa王国の周辺ではRed Feverという伝染病が広がり多くの人々が死んでいった。
国王は治療薬を求めて周りの国々を旅したが結局治療方法は見つからず、
その代りに王が持ち帰ったのは行った先々の街でただ1人生き残っていた
9人の女の子の赤ん坊だった。
そして15年後。
国王と王妃が相次いで他界し、18歳になった長女MaelynはRuling Princessとして
Runa王国を治めていた。
彼女は何故か城で働いていた使用人達を全て解雇してしまい、
残った9人の王女がそれぞれの才能を生かして城内の仕事を分担していた。
しかしHigh King である叔父のJarrodが噂を聞きつけ突然やってきて、
彼女達の誰かをある小国の王に嫁がせると言う・・・
・・・
9人の王女が王が拾ってきた孤児であることはRuna王国の誰もが知っていることで
国民の間では暗黙の了解でした。
しかし王も王妃もいなくなってしまった今、彼女達が王女としてふさわしいのか
という疑問をあからさまに口にする者が少なからず現れ始めます。
亡き国王の兄でHigh King(上級王)であるJarrodもその1人で、
彼は王女達を元の土地に帰そうと考えているのです。

Maelynは無類の読書家で活字中毒人間だというのがとても親近感を覚えるのですが (^^)、
実はこれが物語の伏線としてかなり重要な要素になってきます。
Rowanという王のメッセンジャーが急死し、その義弟Willowを後任にすることになるのですが、
Willowの持ってきた本からヒントを得てMaelynは窮地を脱することが出来、
さらにその本のおかげでMaelynとWillowの間には特別な感情が生まれさえします。

どうやらシリーズは各冊ごとに1人の王女がヒロインとして描かれ、
シリーズ全体を通して彼女達が真の王女としてふさわしいことを証明していく流れのようです。
とは言えそれほど深い葛藤や争いなどがあるわけではなく、文章は全体に軽いタッチ
英文も平易で読みやすいですしライトノベル感覚で読むことが出来ると思います。
この第1巻は今のところKindle版で無料になっているので
ちょっとお試ししてみてはいかがでしょうか。

なんで王様は男の子を1人も拾ってこなかったのさ、と一瞬ツッコミそうになりましたが、
生き残ったのが全員女の子だったというのがこの物語のキーなんですよね。きっと。

ここまでの合計。641冊、単語数=9582524

<関連リンク>
・INDEX - The Nine Princesses
・WEB SITE - Books by Anita Valle - Anita Valle Art


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。