So-net無料ブログ作成

Firelight (Amulet #7) [英文多読]

■英文多読に挑戦(639冊目)

B014RRO2DMFirelight (Amulet #7)
Kazu Kibuishi
Graphix 2016-02-23

by G-Tools
Author : Kazu Kibuishi
Series : Amulet #7
Genre : Comic, SF, Fantasy
YL=4.8、単語数=7801、ページ数=198、☆4.5

Emily, Trellis, Vigoの3人はAlgos Islandを発見する。
そこには以前エルフ王に雇われてTrellisを暗殺しようとし、
Emilyとの戦いで敗れたMemory Hunterのエルフ Gabilanがいた。
彼はTrellisの失った記憶を取り戻す手助けをしたいと言い、
EmilyとTrellisを連れて潜水艇に乗り込み海底の洞窟の中に沈む宇宙船に連れて行く。
そこはGabilanが彼の収集した記憶を保管している場所だった。
Trellisはそこでエルフ王によって奪われていた記憶を取り戻すが、
Emilyは父親の姿を見て別の空間に入り込み、あの幼い日の事故の真実を知り
怒りによって石の力に取り込まれてしまう。
一方Navin達はレジスタンスのエルフ姉弟の助けにより彼らの拠点であるFronteraに到達する。
そしてレジスタンスがエルフ王攻略のために建造している宇宙ステーションに向けて飛び立つ・・・
・・・
このシリーズの本質を解くカギは石(=Amulet)の力の謎にあるわけですが、
その石の力が具現化されたもの=Voiceはなんと謎の生命体Shadowによって操られていました。
その昔Shadowが暮らしていた惑星は滅亡し、彼らの乗る船団は宇宙をさまよい、
そしてAllediaを次の居住地とすべくVoiceの力により侵略を開始したのです。
ShadowとAmuletの関係が本巻ではまだよく分からないのですが、
ラスボスは実は宇宙人だったというのは予想外の展開でした。

物語のスケールはますます大きくなり、Navin達レジスタンスは遂に宇宙にある新拠点に
向かうことになりますが、これってデス・スターみたいなもの? 
次巻では遂にスターウォーズ勃発となるんでしょうか。
一方EmilyはVoiceによって過去の幻影を見せられ、
遂に石の力に取り込まれて火の鳥になってしまいます。
彼女がこのままShadowの手先となってしまったらこのシリーズはおしまいですから、
この先彼女がどうやって自分を取り戻すのかが最大の山場になるのは確実ですね。

さて現在発売されているのはこの7巻までで、作者のHPには8巻が進行中であることと
シリーズは全9巻になることが告知されています。
今までのペースでいくと第8巻もそろそろな感じで楽しみに待ちたいと思います。

ここまでの合計。639冊、単語数=9442187

<関連リンク>
・INDEX - Amulet
・WEB SITE - Bolt City Productions | Bolt City Bulletin
・WEB SITE - Amulet | Scholastic


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。