So-net無料ブログ作成
検索選択

Prince of the Elves (Amulet #5) [英文多読]

■英文多読に挑戦(637冊目)

B00FFF7Q8YPrince of the Elves (Amulet #5)
Kazu Kibuishi
Graphix 2013-12-17

by G-Tools
Author : Kazu Kibuishi
Series : Amulet #5
Genre : Comic, SF, Fantasy
YL=4.5、単語数=5015、ページ数=208、☆4.5

Maxの裏切りによりMother Stoneはエルフ王の手に落ちてしまった。
MaxはMother Stoneの力で封印されていた最後のMountain Giantを蘇らせ
エルフ王の命によりFronteraという街を壊滅させる。
Emily達はそれに対抗するため、レジスタンスにより密かに建造されていた
巨大人型兵器Colossusを出撃させる。
しかし目的地に向かう途中に彼らはMaxとMountain Giantの襲撃を受けてしまう・・・
・・・
なるほどMaxの裏切りの背景には実はとても悲しい物語があったんですね。
Maxは本当ならばユパ様Vigoと同じくらいの年齢のはずなのに
Emilyとそれほど変わらない歳に見えるのは何故なのか?
Stonekeeperはタイムトラベルは出来ないようですが、
石の力でVoidという一種の夢の世界に入り込んで過去に行くことが出来るのだそうです。
Maxはその力を利用しているらしいのですが彼は現実でも若いままで、
その理由は・・・残念ながら次巻以降に持ち越しのようです。
そしてエルフ皇子のTrellisもまた過去に戻って様々なことを変えたいと思っている一人で、
彼もVoidの中に入って行くのです。

今回は様々な人の様々な過去の話が入り組み、さらにAmuletの精神世界に入り込んだりと、
なかなかあらすじも書きづらいような展開でした。
古代からの魔法の力や新たなクリーチャーが登場する一方で、最新の科学技術を駆使した
まるでガンダムかパトレイバーかというような巨大人型2足歩行兵器が登場するのも
このシリーズの魅力でしょうか。
次の展開が全く読めないのですが、
EmilyやNavinが率いる新生Cielisの新たな戦いがどうなって行くのか目が離せません。

それにしても回が進むにつれて精神的な描写が多くなっているのはちょっと気になるところ。
エヴァみたいな終わり方だったら嫌だなあ。

ここまでの合計。637冊、単語数=9424163

<関連リンク>
・INDEX - Amulet
・WEB SITE - Bolt City Productions | Bolt City Bulletin
・WEB SITE - Amulet | Scholastic


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。