So-net無料ブログ作成
検索選択

The Last Council (Amulet #4) [英文多読]

■英文多読に挑戦(634冊目)

B00FFF7QS4The Last Council (Amulet #4)
Kazu Kibuishi
Graphix 2013-12-17

by G-Tools
Author : Kazu Kibuishi
Series : Amulet #4
Genre : Comic, SF, Fantasy
YL=4.5、単語数=7103、ページ数=224、☆4.5

Emily達は様々な困難の末にとうとうCielisにたどり着く。
しかしそこは彼女達が期待していたものとは何かが違っていた。
TrellisとLugerはエルフというだけで敵視されて監獄に入れられ、
Emily, Navin,母親の3人はガーディアンのMaxにスウィートルームに案内され、
Councilの一員となるには試験を受けなければならないので待機するように言われるが、
扉はロックされ彼らは実質の幽閉状態だった。
Leon達はEmilyに同行することを許されず、仕方なく食事を求めて街に出るが、
何故か人々はCouncilの監視に怯えていた。
一方ドラゴンに攫われて一行とは離ればなれになってしまったロボットのMiskitとCogsleyは
Vigoという初老の男に救助される。
彼ははかつてCouncilの一員だったがその方針に反発して離脱したと言う。
MiskitからEmilyの力になって欲しいと請われたVigoは2人と共にCielisに向かう。
果たしてEmilyたちの運命は・・・
・・・
苦労してたどり着いたCielisは既に腐っていました。(^^;
Amuletと呼ばれる魔法の石は元々1つのMother Stoneと呼ばれる石から切り出されて
多くのStonekeeperが誕生し、その力は人々に大きな貢献をして来ました。
しかし彼らは次第に自分の力を誇示して互いに争うようになり、
多くの犠牲者と共に石も消滅していきます。
Mother Stoneの残りが一握りの欠片となってしまった時、
Councilはそれを守るために極端な締め付けを始めます。
Emilyの曾祖父SailsやVigoは残ったMother Stoneを即座に廃棄しなければ間違った者の手に落ち
世界は破滅すると主張してと他のメンバーと対立しCouncilを離れたのでした。

Cielisを空中に浮かせているのはMother Stoneの力かと思ったら違うのか。
腐ってしまったCouncilがMaxの手によって消滅させられたにもかかわらず
石の兵隊やクリーチャーが操られていたのは何故なのか。今回は色々謎が多いです。
Maxの裏切りによりMother Stoneはエルフ王の手に落ち、
チームEmilyのStonekeeperはEmily, TrellisとVigoの3人だけ、
ますます強力になった敵に対してこれからどうやって対峙していくんでしょうか。

Cogsleyに懐いてしまったドラゴンの子供Dagnoが可愛いんですが、(^^)
彼(?)はいずれ重要な役割を果たすような気がしてなりません。

ここまでの合計。634冊、単語数=9350154

<関連リンク>
・INDEX - Amulet
・WEB SITE - Bolt City Productions | Bolt City Bulletin
・WEB SITE - Amulet | Scholastic


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。