So-net無料ブログ作成
検索選択

The Cloud Searchers (Amulet #3) [英文多読]

■英文多読に挑戦(632冊目)

B00FFF7Q6QThe Cloud Searchers (Amulet #3)
Kazu Kibuishi
Graphix 2013-12-17

by G-Tools
Author : Kazu Kibuishi
Series : Amulet #3
Genre : Comic, SF, Fantasy
YL=4.0、単語数=6801、ページ数=208、☆4.5

Emily達はエルフ将校Lugerをamuletの力でなんとか打ち倒し、
母親の体内の毒も消すことが出来てひとときの安息を得る。
Leonは彼女がStonekeeperとして成長するには、かつてamuletの力をコントロールするための
訓練をしていたCielisという都市に行くしかないと考える。
Cielisはその昔Alediaを統治していたガーディアンと呼ばれる人達が住んでいる場所だったが、
エルフの軍隊によって完全に破壊されたと言われていた。
しかしガーディアン達はCielisを空の上に浮かび上がらせて脱出したという伝説が残されていた。
Emily達一行は飛行機をチャーターするために空港都市に入るが、
そこでエルフ兵に追われていた皇子Trellisと
Emilyのパワーによって石を破壊されて老人のようになったLugerを救出し、
かつてCielisを見たことがあるというパイロットEnzoの飛行機に乗って
エルフ兵の追撃をかわして空に飛び立つ。
果たして彼らはCielisにたどり着くことが出来るのか・・・
・・・
3巻になって物語は新たな展開に。
Leon(狐の姿をしたレジスタンスの戦士)はEmilyが石の魔力に取り込まれることなく
amuletをコントロール出来るようにならない限りは邪悪なエルフから世界を取り戻すことは出来ず、
それには彼女をCielisに連れて行くしか無いと考えます。
ガーディアンの1人だったEmilyの曾祖父Silasが残したノートを見て
Cielisが存在することを確信したLeonは空に向かうことを決心するのです。
一方エルフ皇子Trellisは老人の姿になってしまったLugerを見捨てることが出来ず
彼を連れてEmilyの後を追いかけ、そして2人は彼女の一行に加わることになります。
Trellisだけでなく単なる敵役だと思われたLugerもこの先重要な役割を果たしそうな感じです。

作者のKazu Kibuishiさんは子供の頃まで日本に住んでいたということなので、
作品の中に何となくジブリ映画やファイナルファンタジーなどのRPGの影響が感じられます。
それに加えてクリーチャーや背景の描写はスターウォーズっぽい箇所もちらほら。
こういうSFファンタジーだとそういった作品の影響を全く受けないことは難しいでしょうが、
でもそれが消化されたうえで十分にオリジナリティが発揮されているのも確かだと思います。

Emily達がどうなってしまうのか気になって仕方ないのですが、こんなに面白いのに
どうして途中で止めてしまったのか2年前の自分に小一時間説教したいところ。(^^ゞ

ここまでの合計。632冊、単語数=9258153

<関連リンク>
・INDEX - Amulet
・WEB SITE - Bolt City Productions | Bolt City Bulletin
・WEB SITE - Amulet | Scholastic


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 2

Hiro

はじめまして!

Amulet Series が大好きなので、思わずコメントです。日本で出版されたものを英訳したとかってに思っていましたが・・・ Kazu Kibuishiさんは日系アメリカ人なのですね。

僕はニュージーランドで司書をしていて洋書を沢山読むので、また遊びに来ると思います。よろしくお願いします!
by Hiro (2016-07-20 07:47) 

koikoi

Hiroさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

Amuletシリーズはキャラクターデザインやコマ割りなどがいわゆるアメコミ風ではなくどちらかと言うと日本の漫画に近いので、私も最初見たときは日本語のオリジナルがあるのかなと思いました。
グラフィックは綺麗ですしストーリーも面白いので、もっと日本でも知られて欲しい作品ですよね。

Hiroさんのブログを拝見しました。
私ももっと沢山読めるように英語力を上げないといけないと常に思っているのですが、なかなか実践に移せません。(^^ゞ
もっとレベルアップできるようにHiroさんの記事を参考にさせていただきたいと思います。

こちらこそこれからもよろしくお願いいたします。(^^)/

by koikoi (2016-07-21 00:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。