So-net無料ブログ作成
検索選択

The Six Napoleons (Sherlock Holmes re-told for children) [英文多読]

■英文多読に挑戦(623冊目)

B013NYQ9POSherlock Holmes re-told for children: The Six Napoleons (Classics For Kids: Sherlock For Kids Book 7) (English Edition)
Mark Williams
Odyssey 2015-08-08

by G-Tools
Author : Mark Willams (re-told)
Series : Sherlock Holmes re-told for children
Genre : Kids, Mystery
YL=3.0、単語数=5000(概算)、ページ数=27、☆3.5
[Kindle Edition]

ベーカー街221BのSherlock Holmes宅には警察官が訪れることもしばしばあり、
スコットランドヤードのLestrade警視もその1人だった。
そして彼の話す奇妙な事件がHolmesの興味を引きつけた。
それはロンドンで3つのナポレオン1世の石膏の胸像が連続して壊されるという事件で、
1つの胸像自体は15シリングほどの安物であり、全ては同じ製造元で作られ、
またそれを盗み出した犯人はその家の他の物には全く手を付けていなかった。
犯人はナポレオンを憎む異常者かと思われたが、翌日になって4つめの胸像が壊され、
その家の前で1人の男が殺されていた。果たしてHolmesの推理は・・・
・・・
コナン・ドイル原作の短編『The Adventure of the Six Napoleons』の子供向けリトールド本。
邦題は『六つのナポレオン』でこれも結構有名な作品ですね。
まあ犯人が同じナポレオン像だけを狙ってそれを壊しているわけですから、
その中に何かが隠されていて、でもどの胸像かは特定出来ないのだろう、
ということくらいはシロウト(?)でも推測出来ますよね。
問題はそれが何で誰がどうやって隠したのかというのがこの作品のキモなわけですが、
分かってみればホームズさんが作中で言っているように非常にシンプルなんです。
ホームズ物にしてはちょっと単純過ぎる気がするのですが、原作だともう少し印象が変わるのかな。

これにて"re-told for children"のシリーズはひとまず全巻終了です。
ただナンバリングがおかしい(全6巻のはずなのに本巻はNo.7になっている)ので
他にもまだあるのかもしれません。
でもこうしてリトールド版を読んでみると改めて原文で読みたいという欲求が強まるばかりで、
ホームズ作品はいつかまとめて読んでみたいと思います。

ここまでの合計。623冊、単語数=8759524

<関連リンク>
・INDEX - Sherlock Holmes re-told for children

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。