So-net無料ブログ作成
検索選択

Cora Flash and the Treasure of Beggar's Bluff (Cora Flash Mystery #3) [英文多読]

■英文多読に挑戦(615冊目)

B00AL3XV0CCora Flash and the Treasure of Beggar's Bluff (A Cora Flash Mystery for Kids 9-12, Book 3) (English Edition)
Tommy Davey
Brown PAW Press 2012-12-08

by G-Tools
Author : Tommy Davey
Series : Cora Flash Mystery #3
Genre : Kids, Mystery, Adventure
YL=3.8、単語数=23000(概算)、ページ数=162、☆4.0
[Kindle Edition]

夏休みが終わって新学期が始まった。
休暇の間の様々なミステリアスな体験を親友のShelbyに話たくてたまらないCoraだったが、
そんな暇も無く次のミステリーが彼女を待っていた。
新しい担任の先生Mr. Levineから出された課題 "The Local shipping trade."について調べるために
街の図書館に行ったCoraはある本の中に暗号のようなものが書かれた紙片を見つける。
そしてそれから辿り着いたのは別の本の中に隠された古い手書きの地図の半分だった。
Coraはこれは何かの宝が隠されている場所だと確信し・・・
・・・
少女探偵Cora3作目。夏休みのMt.Topazへの旅行で密室犯罪と超常現象という
2つのミステリーに遭遇してしまった彼女ですが、
その興奮も冷めやらぬ間に新しい謎解き=宝探しが始まります。
何故か図書館の本の中に暗号のようなものを見つけたCoraは見事にそれを解読して
何かの場所を指し示した地図の半分を手に入れます。
そしてそこから彼女の暴走が始まるのです。(^^;

いやはや相変わらず無茶してますねえ。
Coraが1人でやっているうちはまだ良いのですが(いやそれも十分危険ですが)、
2歳の弟Eithanを宝探しに連れて行くのはさすがにアウトでしょう。
案の定全てが解決した後に母親からペナルティーを言い渡されますが、
1ヶ月のネット禁止(勉強で使う場合は例外)でその間の態度次第では短くなる、
というのは少々甘過ぎる気がするなあ。

母親の新しい仕事、新担任からの課題、図書館、街で起こった古い出来事など
1つ1つはどこかで読んだような素材ではあるのですが、
それを上手く組み合わせてなかなか面白い物語に作り上げていて、
相変わらず上手いなあと思わずにはいられません。
まあこの地図の作者は何故自分で宝を取りに行かなかったのかとか
どうして図書館に隠したのかとか、そもそもな疑問もあるのですが、
児童書にそこまで突っ込んでも仕方ないですね。(^^ゞ

Coraのシリーズもこれでひとまず終わり。
ようやくCalvinも活躍出来たのにちょっと寂しいなと思ったら、
作者のHPに次作執筆中のアナウンスが載っていました。
楽しみに待つことにしましょう。

ここまでの合計。615冊、単語数=8661924

<関連リンク>
・INDEX - Cora Flash Mystery
・WEB SITE - Welcome to tommydavey.com


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。