So-net無料ブログ作成
検索選択

Fangirl [英文多読]

■英文多読に挑戦(606冊目)

B00EVRHE8EFangirl: Special Edition (English Edition)
Rainbow Rowell
Macmillan Children's Books 2013-09-10

by G-Tools
Author : Rainbow Rowell
Series :
YL=6.8、単語数=107994、ページ数=433、☆4.0
[Kindle Edition]

Cath Averyは双子の姉妹Wrenと共にNebraskaの大学に入学した。
内向的で人付き合いの苦手なCathは寄宿舎でWrenと同室になることを望んだが、
快活で新しい人生を始めたいと願うWrenはそれを拒否してさっさと別の場所への
入居手続きを済ませてしまう。
寄宿舎でのルームメイト Reaganは上級生でいつも不機嫌な様子で
Cathはなかなか打ち解けることが出来なかったが、Reaganが連れてくる男友達の1人
LeviがCathを気に入って何かと親しく接してくることに彼女は戸惑った。
Cathは超ベストセラーの児童書『Simon Snow』シリーズの二次創作(FanFiction)の作者で、
彼女の運営するCarry Onは毎日何万ものアクセスがある人気サイトだった。
シリーズの最終刊でもある新刊の発売を約1年後に控えて、
Cathは自身の創作もそれまでに完結しなければならないと考えていた。
しかし新しい生活が始まると共に、勉強のこと、家族のこと、人間関係そして恋愛
様々な問題が彼女の周りで起きて・・・
・・・
Rainbow Rowellさんと言えば『Eleanor & Park』などでおなじみの人気作家ですが、
彼女の作品はちょっと変わった恋愛小説が多いですよね。
本作のヒロインCathもまた一般的な女子学生とはほど遠く、内向的で不器用で人付き合いが下手で、
そして人気児童書の主人公達を題材としたBLの二次創作をするいわゆる腐女子だったりします。
本編と平行して各章の終わりにSimon Snowのオリジナルの一部や
Cathが書いたFanFictionの一部が載せられ、最初はその意図が良く分からないものの、
次第に本編とシンクロしていく手法は流石だと思いました。

ストーリーは基本的にはCathとLeviの恋愛物語なのですが、
本編中で大きなウエイトを占めるのがCathの家族の問題で、
彼女が子供の頃家族を捨てて家を出ていった母親が再びコンタクトを取ってきたり、
天才肌であるがゆえに離婚をきっかけに精神に問題を抱えるようになった父親が
何度目かの入院をしたり、その両親に対しての対応をめぐって双子の姉妹Wrenと
喧嘩状態になってしまったりと、決して平穏な日々とは言えません。
さらにはCathとWrenの双子であるがゆえのアイデンティティへの悩みや、
書き手としては天才的な才能を持つCathに突きつけられる二次創作のオリジナリティの問題
などが絡み合い、そんな中で2人の関係が進行していきます。

会話の中にはスラング等も多くてやや理解しづらい部分もありますが、
全体的に英文は平易でYAとしては易しい方なのではないでしょうか。
Cathのキャラクターは好き嫌いが分かれそうですが、登場人物は皆魅力的で会話も楽しく、
終盤やや急ぎ過ぎの感があってラストに向けていまひとつ盛り上がりに欠けるような気もしますが、
それを差し引いても十分面白い物語だったと思います。

主人公が腐女子設定ということで色めき立つ人もいるかもしれませんが(笑)、
作品中ではその辺の表現はほとんど無く期待するとがっかりするかもしれません。
実はこの作品のスピンオフとして『Carry On』という作品が先日出版され、
タイトルを見れば一目瞭然ですがまさにCathの書くFanFictionの世界と言うことで、
BL要素満載・・・かどうかは分かりませんが(表紙も妖しい雰囲気を醸し出していますし)
興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。(^^ゞ

ここまでの合計。606冊、単語数=8413301

<関連リンク>
・INDEX - Rainbow Rowell
・WEB SITE - Rainbow Rowell


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。