So-net無料ブログ作成
検索選択

Benny Uncovers a Mystery (Boxcar Children Mysteries #19) [英文多読]

■英文多読に挑戦(591冊目)

B00BBPVX54Benny Uncovers a Mystery (The Boxcar Children Mysteries)
Gertrude Chandler Warner David Cunningham
Albert Whitman & Company 2010-12-14

by G-Tools
Author : Gertrude Chandler Warner
Series : Boxcar Children Mysteries #19
YL=3.4、単語数=17531、ページ数=127、☆4.0
[Kindle Edition]

暑くて気怠い7月の最後の日、
Henry, Jessie, Violetの3人は庭の木陰でまったりした時間を過ごしていた。
しかし退屈なことが大嫌いなBenniyは隣に住むBeach兄弟の兄Sammy が
病院の雑用係のアルバイトを始めたことを知って、
自分も残りの夏休みの間何かの仕事をしたいと思う。
早速Henryを誘って仕事探しを始め、思うような仕事がなかなか見つからずに苦労するが、
運良くFurmans's Deparatment StoreでHenryと一緒に雇ってもらえることになる。
職場の人達は親切で友好的だったが、ただ1人フロアの責任者であるMr.Foggだけは
何故かAlden家の孫というだけで2人を敵視する。
そしてデパートの中では不可思議なことが次々と起きて・・・
・・・
そもそも大実業家で大金持ちのMr.Aldenを祖父に持つ4人の兄弟姉妹が働く必要は全く無い
はずなのですが、彼等にとってはお金よりも社会勉強と、何より4人(とりわけBenny)の
好奇心を満たことが最優先事項ですからこれはもう仕方ありません。(^^ゞ
それにしても何でも体験してやろうという彼等のアクティビティは
あのBoxcarの時から全く変わっていないのが嬉しいですね。
既にAlden家は町の名士でしょうから、Mr.Foggのようにどうせ祖父の七光りで
雇って貰ったんだろうと悪意を持って接して来る人も当然いるわけで、
Benny達はこれとどう向き合うのかとても興味があったのですが、
結局終わりよければすべてよし的になあなあになってしまったのが少々不満かな。

以前にも書きましたが作者のGertrude Chandler Warnerが生前に遺した
オリジナルの『Boxcar Children Mysteries』はこの19巻までで、
それ以降は不特定のライターが続編を書いているそうですが、
現在に至って未だに新刊が出続けていることに驚いてしまいます。
(ちなみに最新は第139巻らしいです)
シリーズを追うのはこれでひとまず終わりとしたいと思いますが、
この4人兄弟姉妹が現代版ではどのように描かれているか興味がありますので、
機会を見て何冊か読んでみたいと思っています。

それでは最後にちょっとお遊びを。
シリーズでの4人は永遠の少年少女として歳を取ることはありませんが、
もしこのまま歳を重ねたらどうなるかを予想してみました。
◎Henry
大学で生物学を学んだ後、生理学者として学問の道に進む。
長男でありながら祖父の事業を受け継がなかったのは、
Bennyの実業家としての才能を誰よりも認めていたからでもある。
彼の研究は世界的に有名となり、若くしてノーベル生理学賞に輝く。
晩年はAlden財閥の協力を得て科学分野の大学を創立し初代学長となる。
◎Jessie
地元のカレッジを卒業後TV局に入社しレポーターとして人気者になるが、
外交官となっていたJohn Carterと結婚し退社。夫と共に世界中を巡り歩く。
Carterが上院議員に当選した後は、料理研究家として全米に知られるようになる。
その後Carterはアメリカ大統領となり、彼女は気取らないファーストレディとして
誰からも慕われ、晩年はアメリカの母と呼ばれる。
◎Violet
地元の美術系カレッジを卒業した後、Mr.Aldenの秘書となり
公私共に大好きな祖父の面倒を見るようになる。
その傍ら得意の絵と文章の創作を続けやがてイラストレータ&作家として頭角を現す。
祖父の死後30代で結婚をし創作に専念するようになるが、
やがてアメリカ中の子供から愛される絵本作家となる。
彼女は生涯4人と祖父が暮らしていた家を離れることは無く、
そこは兄弟姉妹がいつでも帰って来ることができる故郷となった。
◎Benny
探偵になりたかった彼だが(笑)、
アルバイトとして祖父の会社の手伝いをするうちに実業の世界に興味を持つようになる。
大学で経営を学んだ後、実力で祖父の会社に入り
やがてその人柄と決断力で誰もが認める後継者となる。
彼は結婚後2男2女を得て、それぞれにHenry, Jessie, Violet, Benny と名付ける。
そしてBoxcar Childrenの物語は続く・・・


ここまでの合計。591冊、単語数=7801029

<関連リンク>
・INDEX - Boxcar Children Mysteries
・WEB SITE - Boxcar Children Mysteries


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

人生二年

> 歳を重ねたらどうなるかを予想してみました。
面白いです。私はそういうのが大好きです♪ところで、イヌはその後どうなったのでしょうか(笑)。
by 人生二年 (2015-05-28 22:30) 

koikoi

人生二年さん、こんにちは。

お気に入りの作品だとこんな妄想をしたくなりますよね。
人生二年さんのブログ記事にはとてもかないませんが、
私も時々はこういうお遊びをしてみようと思います。(^^)

>イヌはその後どうなったのでしょうか(笑)
そうか、Watchがいましたね。このところあまり登場しないのですっかり忘れていました。(^^ゞ
本編の中では彼は歳を取って老後を静かに暮らしているのですが、
私の空想の中では3代目WatchがJessieと一緒に幸せに暮らしましたということにしておきます。(笑)

by koikoi (2015-05-29 01:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。