So-net無料ブログ作成
検索選択

The Bad Beginning (A Series of Unfortunate Events #1) [英文多読]

■英文多読に挑戦(587冊目)

B000VYX8PEA Series of Unfortunate Events #1: The Bad Beginning (English Edition)
Lemony Snicket Brett Helquist
HarperCollins 2009-03-17

by G-Tools
Author : Lemony Snicket
Series : A Series of Unfortunate Events #1
YL=4.5、単語数=23904、ページ数=162、☆4.0
[Kindle Edition] [オーディオブックと併せて聴き読み]

Baudelaire家の3人のきょうだい Violet, Klaus, Sunny
頭脳明晰、容姿端麗で裕福な両親のもとで何不自由なく暮らしていた。
ところがある日3人が海辺で遊んでいるうちに家が火事で焼けて両親と住む場所を失ってしまう。
そしてそこから彼等の不幸が始まる。
彼等は住んでいる場所が一番近いからという理由でOlaf伯爵という親戚に預けられる。
しかしOlafは極悪非道な悪人で、3人にまともな部屋や食事も与えずに
家事などをやらせてこき使った。
やがて3人をはOlafが彼等の遺産を奪い取ろうと卑劣な計画を企んでいることに気付く。
その計画とは、そしてきょうだいは自分達を守ることが出来るのか・・・
・・・
あ~これは不幸だわ。(笑)
いや笑っちゃいけないんですが、あまりの不幸ぶりに思わず。(^^ゞ
ということで今さら説明するまでも無い「不幸本」の第1巻です。
例のKindle本無料放出祭りの時に何冊かDLしていたものの、
人が不幸になる物語を読んで何が面白いの?と今まで放置していたんですが、
私の貧弱なリスニング力でオーディオブックと一緒に聴き読み出来る作品を探していたら
このシリーズに行き当たりました。

実際に読んでみるとこれはなかなか面白いです。
Olafとその仲間の極悪非道な言動にはいちいちむかつき、
3人の後見人であるMr.Poeの無能ぶりには腹が立ち、
そして3人きょうだいに対してはその奮闘ぶりを応援しつつも
もっと上手くやれば状況は変わるのではという歯がゆさにイライラし、
読んでいて心地良いとは到底言えないのですが、
彼等が一体どうなってしまうんだろうとハラハラした後に、
なんとかその場をしのげてホッと一息という繰り返しに、
次はどうなるのか気になって仕方なくなってしまうという、
見事に作者の術中に嵌まっていることに気付かされます。
正直これが13巻まで続くと考えると最後まで読み切る自信は無いのですが、
もう少し3きょうだいの不幸に付き合ってみても良いかなと。(^^ゞ

やっぱりこの作品の一番の教訓は、
親は自分が死んだ後の子供のことをもっとしっかりと考えておくべきだ、
という危機管理かなあ。(違)

ここまでの合計。587冊、単語数=7620348

<関連リンク>
・INDEX - A Series of Unfortunate Events
・WEB SITE - Lemony Snicket


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。