So-net無料ブログ作成

Tomorrow's Promise (Heartland #10) [英文多読]

■英文多読に挑戦(510冊目)

1407116975Tomorrow's Promise (Heartland)
Lauren Brooke
Scholastic 2009-10-05

by G-Tools
Author : Lauren Brooke
Series : Heartland #10
YL=4.6、単語数=35442、ページ数=176、☆4.5

AmyはGerryが出場しているジャンプ競技会に来ていた。
Gerryは母親Marionの死の原因となりAmyがHeartlandで対峙したあのSpartanだった。
その競技会場で見たAmberという牝馬は荷馬車馬ような朴訥な外見に関わらず
全身に漲る躍動感と才能で、オーナーのDanielと共にAmyの心に強く印象付けられた。
時を同じくして父親TimからLouとAmyに1頭の馬がプレゼントとして贈られて来る。
Stormと言う名のその馬はあのPegasusとうり二つだったが、
Heartlandにはおよそ縁の無いショージャンパーのサラブレッドだった。
AmyはStormを気に入り、自分もジャンプ競技会に出たいと思うようになる。
Danielと親しくなったAmyは調子の出ないAmberに悩む彼のために色々援助してあげるが、
大事な競技会に臨んだAmberに悲劇が起こってしまう・・・
・・・
このシリーズを読んでいつも感じるのは構成が上手いなあということ。
今回も母親の1周忌に向けての物語がベースにあり、そこにDanielとAmberの絆、
父親から贈られた馬StormとAmyのショージャンパーへの願望、TyとAmyの関係、
など盛りだくさんなお話が繰り広げられるのですが、決して破綻することなく、
最後には綺麗に纏まるのはこの作者さんの力量だと思います。
まあいつもギリギリの所までハラハラドキドキさせて、
最後の数章で一気にハッピーエンドに向かうのは正直都合良すぎると
感じることも無きにしも非ずですが。(^^ゞ(私はキライではないです。)

両親ともかつて有名なショージャンパーだったその血を受け継いだAmyが
Stormというこの上ない贈り物を貰って覚醒しない訳がなく、相変わらず罪作りな父親です。
でもこれでこれからの展開は明白。
今でさえもHeartlandでの仕事が大変なのに、
それに加えてStormの世話や競技会への出場で彼女はへとへとになり、
そして最後は馬のケアの仕事をとるかショージャンパーとしてのキャリアを取るかの
究極の選択を迫られるのです。
う~ん目に見えるようだ。(いやあくまで私の想像ですが)
あとGreen Briarに行ってしまったDanielがAmyの強力なライバルとして再登場する、
に1万ガバス!

シリーズはちょうど折り返し地点の10巻目。そして母親Marionの1周忌を迎えました。
今回はAmberの物語で久しぶりに読みながらウルウルしてしまいましたが、
本当はAmyだけでなくLouやTyのMarionへの想いで泣かせて欲しかったかなあ。

ここまでの合計。510冊、単語数=5195658

<関連リンク>
・INDEX - Heartland
・WEB SITE - Scholastic Canada: Heartland


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。