So-net無料ブログ作成
検索選択

Every New Day (Heartland #9) [英文多読]

■英文多読に挑戦(503冊目)

1407116967Every New Day (Heartland)
Lauren Brooke
Scholastic 2009-10-05

by G-Tools
Author : Lauren Brooke
Series : Heartland #9
YL=4.6、単語数=30623、ページ数=160、☆4.5

AmyとLouはネイティブアメリカンのHutenが営むOcanumbaの牧場を訪れる。
そこはかつて2人の母親Marionが訪れ、傷ついた馬を癒やすというHeartlandの
理念を確信した場所だった。
AmyはHutenと馬との絆に深く印象付けられ、再びこの場所を訪れると彼に約束した
母親がそれを果たさなかったことを不思議に思う。
一方HeartlandにはMercuryという馬がやって来る。
彼はショージャンパーとして非の打ち所がないように思えたが、
以前の飼い主が彼にジャンプをさせるために脚をポールで叩いていたことが
トラウマになって跳ぶことを完全に拒否するようになっていた。
Amy達は彼に再びジャンプさせるためにあれこれ手を尽くすが、
事態は全く進展しなかった。
AmyはHutenの元にMercuryを連れて行き助言を求めることを主張するが、
Tyをはじめ他のメンバーはそれに反対する。
Tyとの仲がギクシャクしたまま、Amyは半ば強引にOcanumba行きを決めるが・・・
・・・
AmyはBenの愛馬Redが同じショージャンパーとしてMercuryに似ていることから
Benを彼のケア役に加えます。
初めての本格的な仕事に張り切るBenでしたがMercuryのケアはなかなか上手くいかず、
そのうちRedに対する訓練までもがおかしくなってしまいます。
馬に接するのはそのくらい微妙なバランスの上に立っているということなんですね。
それもあってAmyはOcanumbaに行くしかないと考えるようになるのですが、
正直これは彼女の現実逃避に他ならず、その辺を感じ取ったTyに反対され、
売り言葉に買い言葉で険悪なムードに。
そのままOcanumbaに行った彼女ですが、そこでは暖かく迎えられるものの、
馬に対してはほとんど放置状態で、彼女が期待したHutenからの助言も無く、
遂に彼女は爆発寸前に。(^^ゞ

思いあまってTyに電話するAmy。それによってなんとか自分を取り戻し、
Hutenの孫娘のCareyの存在もあって、ようやく解決の糸口を見つけ出すことが出来ます。
結果的にはOcanumbaに行かなくてもAmyはMercuryを立ち直らせることが
出来たのでしょうが、様々な貴重な経験は彼女をひとつ成長させたような気がします。
Amyの頑張る姿を見ていたCareyもまた、自分の進路を馬に関わる方向に変え、
似たもの同士の2人は親友になれそうです。Careyはいつか再登場しそうですね。

前回の父親の訪問から3週間。AmyとTyはとうとうデートするまでになったものの、
Amyの中では未だに戸惑いがあり、そんな中でOcanumba行きを巡って喧嘩してしまう2人。
もしかしてこのまま終わってしまうのか-などと心配する必要は全く無く、
雨降って地固まる、ということでもうどう見ても完全に恋人同士です。
そしてどうやらSorayaとBenも良い感じらしく、Heartlandの周辺は春真っ只中のようで。(^^)

ここまでの合計。503冊、単語数=4993892


今日の東京は雪。窓の外は真っ白です。
今月に入って風邪で1週間ほどダウンしていました。
もうしばらくは寒い日が続きそうですので、皆様ご自愛ください。


<関連リンク>
・INDEX - Heartland
・WEB SITE - Scholastic Canada: Heartland


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。