So-net無料ブログ作成

The Castle Crime (A to Z Mysteries Super Edition #6) [英文多読]

■英文多読に挑戦(502冊目)

B00EBRU0USA to Z Mysteries Super Edition #6: The Castle Crime (A Stepping Stone Book(TM))
Ron Roy John Steven Gurney
Random House Books for Young Readers 2014-01-28

by G-Tools
Author : Ron Roy
Series : A to Z Mysteries Super Edition #6
YL=3.3、単語数=13118、ページ数=144、☆3.5
[Kindle Edition]

Dink、Josh、Ruth Roseの3人はDinkの父親が国際会議に参加するのに
同行してロンドンを訪れた。
彼等はビッグベンやバッキンガム宮殿、ロンドン塔など観光してまわり、
本日はMadame Tussaudsの蝋人形館に来ていた。
そこではまるで生きているような有名人の蝋人形が何体も展示され、
その中にはQueen Elizabethと2人の孫WililamとHenryもいた。
折しもイギリス国内では数日前に起きた女王の宝石盗難事件のニュースが
人々の関心をさらっていた。
それは女王がウィンザー城で開かれる彼女の誕生パーティに向かう途中に
2人の孫に変装した何者かが女王の乗った車からネックレスとティアラを
奪い去るという大胆な犯行だった。
宝石を発見した者には多額の報奨金が出ると聞いた3人組は・・・
・・・
流石にもう新刊はないかなと思っていた「A to Z」シリーズですが、
約2年ぶりに新しい1冊が出てきました。
3人にとっては初めてのイギリスですが、彼等が行く所では当然ながら事件が起き、
そしてどこに行こうが警察が無能なのもお約束。(笑)
天下のScotland Yardがそんな杜撰な捜査をしててどうするよ、と言いたくもなりますが、
それも含めてとことん都合良くお話が進むのがこのシリーズなので、
あまり深いことを考えずに3人の会話を楽しむのが吉です。(^^ゞ

このシリーズは私の最初の100万語では牽引役になってくれたこともあって
色々思い入れもあるのですが、前巻から2年3ヶ月の間に私も少しだけ成長して、
もう無条件にこのレベルのお話を楽しめる年齢では無くなってしまいました。
(あ、あくまで英語年齢という意味で。)
もちろん幾つになっても楽しめる児童書は沢山ありますが、
そのときの自分のレベルに合った作品を選ぶのは大事だと改めて思いました。

何となくネガティブな書き方になってしまいましたが、
YL3前後を読んでいる人にはこのシリーズが相変わらずオススメなのは確かですので
念のため。

ここまでの合計。502冊、単語数=4963269

<関連リンク>
・INDEX - A to Z Mysteries Super Edition
・WEB SITE - welcome to Ron Roy.com


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。