So-net無料ブログ作成

The Dark Stairs (Herculeah Jones Mystery #1) [英文多読]

■英文多読に挑戦(494冊目)

0142405922The Dark Stairs (Herculeah Jones Mystery)
Betsy Byars
Puffin 2006-03-02

by G-Tools
Author : Betsy Byars
Series : Herculeah Jones Mystery #1
YL=4.0、単語数=21831、ページ数=168、☆3.5
[Kindle Edition]

Herculeah Jonesは13歳の女の子。
私立探偵の母親と(離婚している)警官の父親の血を引いたせいか、
ミステリアスな事件には好奇心が抑えられない性格だった。
ある日 Dead Oaksと呼ばれている大きな廃屋を調べている父親に出会い、
何か秘密があるのではないかと疑う。
時を同じくして母親の探偵事務所に謎の人物が依頼に訪れる。
彼は巨体で黒いコートを着て黒い帽子を被り異様な雰囲気を漂わせていた。
ところがいつもはHerculeahに全てを教えてくれる母親が
彼に関しては何も教えてくれない。
Herculeahは友人Meatの話から依頼がDead Oaksと関係していると考え、
廃屋に忍び込むが・・・
・・・
う~む。Nancy Drew タイプのミステリを期待したんですが、
ちょっと期待外れだったかなあ。
通常子供向けミステリで主人公が何かの事件に関わるのは、
自分達が巻き込まれてしまったか、大人の手伝いで大人顔負けの推理をする
というのがほとんどですよね。
ところがこの作品の主人公Herculeahは "terrible curiosity" に駆られて勝手に
動いているだけなので、彼女が事件に関わる動機付けとしてはちょっと弱く、
しかもそれが解決の役に立っているかというとそういう訳でも無く
(今回の場合もほとんど偶然ですし)、
残念ながら全体的な物語の面白さは今ひとつだった気がします。
まあ児童書に必要以上のリアルを求めても仕方ありませんし、
わがまま娘の暴走をどれだけ微笑ましく見守ってあげられるかが
この作品を楽しめるかどうかの境目でしょうか。

それにしても、いくら出産直前に映画をみて面白かったからと言っても、
産まれてきた子供が人並み以上に大きかったからと言っても、
娘にヘラクレスの名前を付けてしまう母親のセンスってどうなのよ。(^^ゞ
さすがにHerculesではなくて女性形のHerculeahではありますが、
それって読売ジャイアンツの熱狂的ファンが(進撃の巨人のファンでも可)
産まれてくる子供の名前をジャイアンにしようと思ったら、
女の子だったのでジャイ子にしたようなものでは・・・

ここまでの合計。494冊、単語数=4757844

<関連リンク>
・INDEX - Herculeah Jones Mystery
・WEB SITE - www.BetsyByars.com - Herculeah Jones


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。