So-net無料ブログ作成
検索選択

Who Was Pablo Picasso? (Who Was...?) [英文多読]

■英文多読に挑戦(489冊目)

0448449870Who Was Pablo Picasso? (Who Was...?)
True Kelley
Grosset & Dunlap 2009-10-29

by G-Tools
Author : True Kelley
Series : Who Was...?
YL=3.3、単語数=4803、ページ数=112、☆3.5
[Kindle Edition]

天才画家パブロ・ピカソの子供向け伝記。
そう言えば彼の本名はあの落語の寿限無みたいな名前なんですよね。
この本によると
Pablo Diego Jose Francisco de Paula Juan Nepomuceno Maria
de los Remedios Cipriano de la Santisima Trinidad Ruiz y Picasso
だそうですが、諸説あるようなので興味のある方は調べてみてはいかが?

彼のことを一言で表すなら「パッションの人」でしょうか。
ピカソほどその時々の感情によって作風が劇的に変わった画家はいませんし、
しかも新しい作品がことごとく時代を代表するような傑作であり
その才能が計り知れないことを思い知らされます。
私もン十年前に京都で開催されたピカソ展を見に行きましたが、
青の時代、バラ色の時代、キュビズム時代そしてゲルニカの時代、
とても同じ画家が描いたとは思えない作品の数々に驚かされました。

正直キュビズム時代以降の作品は私の凡庸な感覚では
とても理解出来ないものばかりだったですが、
その中で圧倒的な迫力で私の心を捉え
10分以上もその前を離れることが出来なかった1枚の絵がありました。
あまりに有名な「泣く女」でした。
今でもピカソの作品の中で一番好きな絵なのですが、
改めて調べてみるとサイズは60cm×50cmくらいなんですね。
あの時の記憶では縦が1m以上あったと思うのですが気のせいかなあ。
それほど私があの絵に圧倒されたと言うことなんでしょうか。
いつか機会があったらまた実物を見てそれを確認したいと思っています。

ここまでの合計。489冊、単語数=4653706

<関連リンク>
・INDEX - Who Was...?


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。