So-net無料ブログ作成

Kristy's Great Idea (The Baby-Sitters Club #1) [英文多読]

■英文多読に挑戦(487冊目)

B009KVH44AThe Baby-Sitters Club #1: Kristy's Great Idea: Classic Edition
Ann M. Martin
Scholastic Inc. 2012-12-01

by G-Tools
Author : Ann M. Martin
Series : The Baby-Sitters Club #1
YL=4.4、単語数=27217、ページ数=180、☆5.0
[Kindle Edition]

12歳のKristy Thomasは母親と3人の兄弟と共にStoneybrookという街で暮らしていた。
彼女が幼い時に両親は離婚し、顔もよく知らない父親はほとんど養育費を送って
くれないため、母親はフルタイムで働いていた。
ある日母親が弟David Michaelのベビーシッターを探すのに苦労しているのを見て
Kristyは素晴らしいアイデアを思いつく。
それはベビーシッターのクラブを作ること。
彼女は友人のMary Anne SpierとClaudia Kishiを誘い、最近NYから転校してきた
Stacey McGillも加わり、The Baby-Sitters Club はスタートする。
しかしクラブには様々な問題が起きて・・・
・・・
レギュラーシリーズで130冊、Special EditionやMystery Booksを含めると
200冊以上、さらにスピンオフのシリーズまで入れると300冊を越えるという
米国の子供達にも大人気のシリーズの、とりあえず1冊目。(^^ゞ
先日読んだAnimorphsと同様に私のKindleの中に最も長く塩漬けされていた
作品の1つをようやく読むことが出来ました。
そして読んでみるとこれが結構面白い。
4人がチームとなってワンストップの電話でベビーシッターの依頼を受け、
空いているメンバーを割り振る。さらには仕事が終わった後に
その内容や問題点を日誌に記してクライアントの情報をメンバーで共有する。
これってサービス業の基本ですよね。
これから起業を考えている人はつまらないビジネス書を読むよりは
このシリーズを読んだ方がよっぽど参考になるのではないでしょうか。(笑)

今回のハイライトはやはり初シットの場面かな。
4人ともトラブル続出で思い切り笑わせていただきました。
登場人物は皆キャラが立って魅力的ですが、決して優等生では無いのが良いですね。
Kristyは思ったことを口にせずにはいられない性格で、それがいつもトラブルのもとに
なりますし、母親の新しい恋人が好きになれなくて嫌みな態度を取ってしまうことも、
Mary Anneは子供っぽくて泣き虫、Claudiaは美術のセンスは抜群なのに勉強は今ひとつ、
StaceyはNY生まれのシティーガール(死語?)ですが何やら大きな秘密を抱えています。
それらが原因となってクラブは存続の危機を迎えますが、
色々な問題に対して彼女たちが努力するところがキチンと描かれているのも
この作品の魅力なのだと思います。
流石に全巻コンプリートは無理そうですが、
このクラブがこれからどうなるのか気になって仕方ありません。

この作品の表紙は何度も変わっているようですが、
上のAmazonのリンクの表紙をよく見るとNancy Drew「Secret of the Old Clock」が
床に置かれているんですよね。これってClaudiaの趣味なのかな?

ここまでの合計。487冊、単語数=4638166

<関連リンク>
・INDEX - The Baby-Sitters Club
・WEB SITE - The Baby-sitter's Club by Ann M. Martin | Scholastic


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。