So-net無料ブログ作成

Taking Chances (Heartland #4) [英文多読]

■英文多読に挑戦(452冊目)

1407111620Taking Chances (Heartland)
Lauren Brooke
Scholastic 2009-04-06

by G-Tools
Author : Lauren Brooke
Series : Heartland #4
YL=4.8、単語数=36923、ページ数=175、☆4.0

Heartlandにとって(そしてAmyにとっても)Tyは重要な存在だった。
彼はAmyの家族以外にHeartlandの存在意義を本当に理解している唯一の人物で、
Amyが馬たちに行うケアも彼の存在無くしてはありえなかった。
ところが問題馬Promiseのケアに成功して、Heartlandを高く評価するようになった
馬主Lisa Stillmanの計らいで、彼女の甥のBenが厩務員としてやって来たことにより
AmyとTyの関係に歪みが生じる。
BenはAmy達のやり方を全く信用せず、仕事もそっちのけで愛馬Redを競技会に
出場させるために毎日ハードな練習をし、彼の馬への接し方にAmyとTyは憤る。
しかしBenの家庭の事情を知らされ、Louから口止めされたAmyは
彼女の性格からは考えられないような寛容な態度をBenに対して取り、
Tyはそんな彼女に次第に不審感を募らせ、彼女と対立する。
その折、Ashleyの母親Val Grantから自分の牧場で働かないかというTyへの
オファーの電話を偶然聞いてしまったAmyは彼の承諾したような返事に愕然とする。
果たしてTyはHeartlandを去ってしまうのか・・・
・・・
今回はBenの馬Redと、Amyのクラスに転校してきたClaireという少女が
父親から贈られたサラブレッドFlintの2頭の馬を巡って物語りが進みます。
力づくで馬を服従させようとするBenと方やちょっと弱気な性格で
馬になめられてしまうClaire。
どちらも最後は馬を恐怖感によってコントロールするのでは無く、馬がそうしたいと
自ら望むような信頼関係を築くというHeartland流のやり方で解決することが出来ます。
しかし実はその狭間でAmyとTyの信頼関係が崩れてしまうような重大問題が。
大切なセラピー用品をBenにゴミ呼ばわりされて怒り心頭のAmyが
彼をクビにしろとLouにかけ合いに行ったはずが、すっかり大人しくなって戻ってきたら、
そりゃあ何かあるなと思うのは当然ですよね。
その何かを知らされないまま、フラストレーションが溜まっていくTy。
まさか***(いちおうネタバレ防止)なことは絶対に無いとは思ったのですが、
結構最後までハラハラさせていただきました。

そして、ラストのあの一言。これって告白にしか聞こえないんですが。(*^^*)
Amyは恋愛に対して鈍感そうなので、もしかして思い切りスルーなんだろうか。
これは次巻が楽しみです。(^^)
それにHeartlandに残ることになったBenもこのままその他大勢になってしまうとは
思えませんし、もしかしてAmyを巡って三角関係なんていう展開があるのか?
いやSorayaも入れて四角関係かも。う~ん、ワクワク。

ここまでの合計。452冊、単語数=3802668

<関連リンク>
・INDEX - Heartland
・WEB SITE - Scholastic Canada: Heartland


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。