So-net無料ブログ作成

The Battle Begins (Underworlds #1) [英文多読]

■英文多読に挑戦(451冊目)

B007NOA6YQUnderworlds #1: The Battle Begins
Tony Abbott Antonio Javier Caparo
Scholastic Inc. 2012-04-01

by G-Tools
Author : Tony Abbott
Series : Underworlds #1
YL=3.8、単語数=13533、ページ数=112、☆4.0
[Kindle Edition]

Owen Brownはごく普通の4年生の男子だった。
しかしある日幼なじみの親友Dana Runsonが彼の目の前で学校の床の下の
異世界に消えてしまうのを目撃してから、彼の生活は全く変わってしまう。
Danaが遺した「私の家に行って本を探して」という言葉に従って、
Owenは親友のJonとDanaが消えるのを目撃したSydneyを伴って彼女の家に行く。
ところが突如口から火を吐く狼のような巨大な獣が現れて・・・
・・・
Tony Abbottさんはなんと言っても「The Secrets of Droon」が有名ですが、
その彼の現在進行中の一番新しいシリーズがこれ。
DroonがEricの家の地下室に繋がる魔法の世界なのに対して、
Underworldsは地下の世界に、エジプト、ギリシャ、北欧神話などに出てくる
神々やモンスターが実在し、しかもそれぞれのグループが敵対してバトルを
繰り広げるというトンデモ設定になっています。
まだ1巻目なので詳しい事情は明らかではありませんが、
キーになるのがDanaと彼女の本で、Owen達はDanaを守るために闇の王Hadesとの
契約によるミッションを毎回こなしていくのがこの物語の流れのようです。
それにしてもAbbottさんは地下世界がお好きなようで。(^^ゞ

男子2人と女子2人の4人組が学校の地下室に繋がったUnderworldsを行き来して、
1話ごとに自分の世界に戻ってくるのはDroonと全く同じプロットなわけで、
もう少しパターンを変えたらいかが?と言いたくはなるのですが、
結構ハチャメチャな展開は人物紹介を兼ねた1巻目の掴みとしてはまずまずでしょうか。
英文レベルはDroonと同程度だと思いますが、色々な神話の固有名詞が
次々に出てくるので初めはちょっと読みにくいかもしれません。
何故か未だに電子化されないDroonを全巻コンプリートするのは大変そうですが、
こちらは最初からKindle版がありますし、
リアルタイムで物語を追っていきたい人にはちょうど良いかもしれませんね。

本当はすぐにでも続きを読みたいところなのですが、
実は未読のDroonの積み本が10冊ほど溜まっていて、先ずはそちらを読まないと。(^^;
来月はDroonの一気読みかなあ。

ここまでの合計。451冊、単語数=3765745

<関連リンク>
・INDEX - Underworlds
・作者のWEB SITE - TONY ABBOTT


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

モーリン

この本は面白そうですね。表紙のデザインも魅力的です。Kindle版もあって値段も安いので、是非リアルタイムで読んでいきたいです。Amazon のこの本のレビューを見ると、Tonny Abbot の「Haunting of Derek Stone」というシリーズもいいようですね。立ち読みもできるので読んでみましたが、それそど難しくはないようです。裏表紙の表記は、RL5 009-013 となってました。
また、面白そうな本があれば紹介してください。
では、Happy Reading!
by モーリン (2013-05-24 23:44) 

koikoi

モーリンさん、こんばんは。

「The Secrets of Droon」以外のAbbottさんの本を
読んでみたくて、たまたまKindle Storeで目に付いた
この作品を購入してみたのですが、なかなか面白かったです。
表紙の印象からもっと上の年齢向けかと思ったのですが、
良くも悪くもDroonと同等という感じですね。
「Haunting of Derek Stone」というシリーズは
初めて知りましたが、私もいつか読んでみようと思います。

で、本の裏表紙にそんな表記があるとは、
恥ずかしながら初めて知りました。(^^ゞ
ちなみに本書は RL3 007-010 でDroonも同じです。
「Haunting ~」はそれに比べるとレベルが高いですが、
確かにサンプルを読んでみるとそこまで難しい感じは
しませんね。単語数が多いせいなのかな。

時々表紙買いをして大ハズレする時もありますが、
出来るだけ面白い本のレビューが出来るように頑張ります。(^^)

by koikoi (2013-05-25 02:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。