So-net無料ブログ作成
検索選択

The Tale of Timmy Tiptoes [英文多読]

■英文多読に挑戦(429冊目)

0723267812The Tale of Timmy Tiptoes (Potter)
Beatrix Potter
Warne 2012-01-19

by G-Tools
Author : Beatrix Potter
Series : Peter Rabbit
YL=3.5、単語数=1321、ページ数=63、☆4.5
[iBooks Edition] [オーディオブックと併せて聴き読み]

昔ある所にTimmy Tiptoesという名前の灰色リスがいた。
彼は高い木の上に巣を作って奥さんのGoodyと暮らしていた。
秋になって沢山の木の実を取ってきた2匹は切り株の穴の中に隠すが、
そこが一杯になるとキツツキが開けた巣穴も利用した。
ある日Timmyは不用意な鳥の歌によって
他のリスが隠した木の実を盗んでいると誤解され、
大勢の仲間に袋だたきにあってあのキツツキの穴に突き落とされてしまう。
怪我をしたTimmyを助けてくれたのは・・・
・・・
リスは冬眠の準備で木の実を地中に埋めても、その場所を半分以上は
忘れてしまうというのは有名な話ですよね。
Tiptoes夫妻は勤勉に働いてアイデアも良かったのに、
思わぬことから台無しになってしまうのは、人間の世界と変わりませんね。(^^;
chipmunkは最初挿絵を見たときはネズミなのかと思ったら、小型リスのことでした。
squirrelとの区別は調べてもあまりよく分からなかったのですが、
小さいやつはchipmunkだと覚えておけばいいのかな?

今回もiBooks版で読んだのですが、この巻には朗読音声が付いていませんでした。
これから購入する方はオーディオ付きかどうかを良く確認願います。
ネットで探せば無料のテキストと音声が沢山ありますから(例えばこちら
それを上手く利用するのも手かもしれません。
でもPotterさんの作品はあの素晴らしい絵があってこそなので
やっぱり絵本で読みたいですよね。

ここまでの合計。429冊、単語数=3533407

<関連リンク>
・INDEX - Beatrix Potter


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。