So-net無料ブログ作成
検索選択

The Wrigley Riddle (Ballpark Mysteries #6) [英文多読]

■英文多読に挑戦(409冊目)

0307977765Ballpark Mysteries #6: The Wrigley Riddle (A Stepping Stone Book(TM))
David A. Kelly Mark Meyers
Random House Books for Young Readers 2013-02-26

by G-Tools
Author : David A. Kelly
Series : Ballpark Mysteries #6
YL=3.5、単語数=11000 (概算)、ページ数=112、☆3.5
[Kindle Edition]

シカゴ・カブスの本拠地Wrigley Fieldは外野のフェンスを覆うツタが有名な
MLBで2番目に古い歴史のある球場。
KateとMikeはスポーツ記者であるKateの母親と一緒にここを訪れていたが、
少し前からツタの一部が何者かに切り取られる事件が度々起こっていた。
この球場にはツタの下に宝物が隠されているという言い伝えがあり、
どうやら犯人はそれを探しているらしい。
2人はある人物が怪しいと目星を付けるが・・・
・・・
ballhawksという単語が出てきたので何ぞやと調べてみたら、
球場の外で場外ホームラン待ち受けて捕ろうとする人のことだそうです。
何とも悠長な話だなと思ったら、このWrigley Fieldは古くて狭い球場なので
場外に飛び出すボールも多いのだそう。なるほど。
あのあまりに有名なベーブ・ルースの予告ホームランもこの球場での出来事で、
それもやはり場外ホームランだったらしいのですが、
事件を調べるうちに、出会った人々の話とそういう伝説とが繋がって、
KateとMikeは本当の宝物を見つけることが出来ます。
まあ一番怪しい人物が真犯人で無いのはお約束ですが。(^^ゞ

さて今年の大リーグ開幕も近づいてきましたが、
カブスと言えば阪神にいた藤川球児投手が入団したチーム。
どんな活躍をしてくれるでしょうか。

ここまでの合計。409冊、単語数=3393509

<関連リンク>
・INDEX - Ballpark Mysteries
・WEB SITE - The Dugout Scoop | The Dirt on Ballpark Mysteries


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。