So-net無料ブログ作成

The Wrath of Mulgarath (Spiderwick Chronicle #5) [英文多読]

■英文多読に挑戦(387冊目)

0689859406The Wrath of Mulgarath (Beyond the Spiderwick Chronicles)
Holly Black Tony DiTerlizzi
Simon & Schuster Books for Young Readers 2004-09-07

by G-Tools
Author : Holly Black、Tony DiTerlizzi
Series : Spiderwick Chronicle #5
YL=4.6、単語数=12984、ページ数=160、☆4.5

ドワーフの領地からボロボロになって帰ってきた3人姉弟だったが、
家の中は滅茶苦茶に破壊され、母親は連れ去られていた。
3人は母親を救出するため敵の元に向かわなければならないが、
JaredはMulgarathの弱点を知るために独りエルフの森に行き、
叔父のArthurに会わせてくれるように頼む。
森から出たJaredの前にグリフォンに乗ったSimonとMalloryが現れ、
3人姉弟はMulgarathの城に向かう。
果たして物語の結末は・・・。
・・・
遂に最終巻。物語は一気にクライマックスに。
第2巻で連れ帰った傷ついたグリフォンは今までほとんど出番が
無かったのですが、予想通り今回は大活躍します。
数や力で圧倒的に不利な3人ですが、Thimbletackを始めとした
妖精達の力を借りてラスボスMulgarathに勝利することが出来ました。
と言っても戦いの最後は思わず笑ってしまうほどあっけない幕切れでしたが・・・
(Jaredも笑ってましたね)
そしてエピローグでは思いもかけない感動的なシーンが。う~ん、そうきたか。
ともあれ一件落着のハッピーエンドでした。

これにてシリーズ5巻読了です。
最初の予想だと10日くらいで読み終えるかなと思ったのですが、
意外になじみの無い単語が多くて苦戦しました。
とりあえず一章を読んだ後まとめて単語を調べるようにしたのですが、
久しぶりに辞書を引きまくった気がします。(^^ゞ
とは言え全体的な英文は比較的平易ですし、随所に入るイラストが
理解を助けてくれますので、ある程度飛ばしても十分楽しめると思います。

白状すると最初はMark Hamill(ルーク・スカイウォーカーの人ですね)
が朗読するオーディオブックと一緒に聴き読みしていたのですが、
とてもついて行けずに断念。
その点も含めて少々心残りもあるので、
1年後くらいにもう一度読み直してみたいと思っています。

ここまでの合計。387冊、単語数=3096866

<関連リンク>
・INDEX - Spiderwick Chronicle
・WEB SITE - Spiderwick


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。