So-net無料ブログ作成

Framed & Dangerous (Sleuth or Dare #3) [英文多読]

■英文多読に挑戦(363冊目)

0545389666Sleuth or Dare #3: Framed & Dangerous
Kim Harrington
Scholastic Paperbacks 2012-07-01

by G-Tools
Author : Kim Harrington
Series : Sleuth or Dare #3
YL=4.3、単語数=30432、ページ数=197、☆4.5
[Kindle Edition]

月曜の朝、Norahは泣きたい気持ちをこらえて学校への道をトボトボ歩いていた。
このままDarcyとの友情が終わってしまうのは耐えられなかった。
ところがその時学校で火災が発生し、建替え中の体育館が全焼してしまう。
その上彼女の好きな男の子Zaneが放火の容疑をかけられ謹慎処分になってしまった。
Zaneの無実を信じるNorahはPartners in Crimeとしてこの事件を調べたい
とDarcyに申し出て、2人は喧嘩のことは一時棚上げして調査を始める。
果たして手遅れになる前に犯人を捜し出すことが出来るのか。
そしてNorahとDarcyの関係は・・・
・・・
NorahとDarcyの喧嘩の原因は、Fionaが友人となったことで
2人の間に微妙な気持ちの変化が起きたことによるものでした。
DarcyはNorahがFionaによって少しずつ変わっていくことに嫉妬し、
一方NorahはDarcyの親分肌で気まぐれなところが鼻に付き始め、
そして小さな誤解やすれ違いが積み重なってとうとう爆発してしまいます。
まあこの年頃の女の子同士には良くあることですよね。
2人が仲違いしたまま終わることは絶対に無いと確信はしていたのですが、
なし崩しに元の鞘に収まるという展開は避けて欲しいところ。
でもこの作品に関してはそんな心配は全く無用で、
中盤で2人はきっちりと話し合って互いに謝り和解します。
白状するとそのシーンでは年甲斐も無くウルウルしてしまいました。(^^ゞ

と言うことで作者の狙いに見事嵌まって(笑)、引き続き少女探偵団の3冊目。
今回は(前巻からのものも含めて)かなり色々な伏線が散りばめられていて、
それが最後で見事に収束して綺麗に終わりました。
NorahとZaneの仲はもちろん読者の期待通りになりますし、
恋愛とかに興味なさそうなDarcyまであの悪ガキだったHunterと良い感じで
今度こそ皆がハッピーエンドとなりました。(あ、放火犯だけは別ね)

このシリーズ、中学生くらいの読者向けの児童書ですから
それほど深い展開があるわけではありませんが、
全体を通してユーモアに溢れた文章とNorahが放つ天文オタク的な表現が楽しくて、
読んでいてあきることは全くありませんでした。
物語はこの3巻目で一応収束しましたが、
是非2人に次の捜査依頼が届くことを期待したいと思います。

ここまでの合計。363冊、単語数=2809099

あれ?気付いてみれば、これが今月初めての読了本でした。
ちょっと長めの作品の場合は気分転換のため間にオーディオ本を入れたり
しているんですが、今回はそれもしなかったなあ。
それだけこのシリーズにハマッていたということなのか。(^^ゞ


<関連リンク>
・INDEX - Sleuth or Dare
・作者のWEB SITE - Kim Harrington


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。