So-net無料ブログ作成

This Totally Bites! (Poison Apple #2) [英文多読]

■英文多読に挑戦(356冊目)

0545208785This Totally Bites! (Poison Apple #2)
Ruth Ames
Scholastic Paperbacks 2010-05-01

by G-Tools
Author : Ruth Ames
Series : Poison Apple #2
YL=4.2、単語数=33522、ページ数=208、☆4.5
[Kindle Edition]

12歳のEmma-Rose Paleyは自分が人とは少し違っていると感じていた。
彼女は青白い肌とストレートの黒髪、そして人より鋭い切り歯を持ち、
物静かで自己主張することはあまり無く、日光を嫌い曇り空が好き、
レアの肉が好きでニンニクが嫌いだった。
外向的で快活な両親とは性格も容姿もあまり似ていないので、
親友のGabbyから養子なのではとからかわれていた。
ハロウィンも迫ったある日、動物学者で蝙蝠と剥製の権威だという
大叔母Margoがルーマニアからやって来た。
Emma-RoseはMargoに不思議な親近感を感じるが、
その夜なんと大叔母が蝙蝠に変身するのを目撃してしまう。
不可解な謎を解くためにネットや図書館で吸血鬼のことを調べ始めた彼女は、
その特徴が全て自分に当てはまることに気付く。
果たして自分はヴァンパイアなのか、彼女の恐怖の日々が始まる・・・
・・・
中学生くらいの女の子向けライトホラーシリーズの第2弾。
吸血鬼を題材にした作品は巷に溢れているので、
これもまた same old vampire story かと思ったのですが、
意外にもひと味違うストーリーでした。
調べれば調べるほど自分がヴァンパイアなのではないかと苦悶する
主人公ですが、一方で今までは目立たず非力だった彼女が
バレーボールの試合で大活躍したり、
学校の自治会でボス的存在の女生徒に逆らって意見を言ったり
今までにはなかった活力が芽生えて彼女自身も変わっていきます。
それにより親友と喧嘩をしてしまったり、
気になっていた男の子が話に絡んできたりしますが、
ラストは全てが丸く収まってハッピーエンド。
ヴァンパイアを題材にしてはいますが、ホラーと言うよりは
学園青春ものと言った方が良いかもしれません。

このシリーズは1話完結で1冊ごとに作者も変わるんですね。
プレティーン向けと言うことでストーリーは軽めですが、
読後感も爽やかですし、多読向きかもしれません。
続巻ももう少し読んでみようと思います。

ここまでの合計。356冊、単語数=2688121

<関連リンク>
・INDEX - Poison Apple
・WEB SITE - Poison Apple Books | Scholastic.com

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。