So-net無料ブログ作成
検索選択

I Survived the Sinking of the Titanic, 1912 (I Survived #1) [英文多読]

■英文多読に挑戦(324冊目)

0545206944I Survived the Sinking of the Titanic, 1912
Lauren Tarshis
Scholastic Paperbacks 2010-06-01

by G-Tools
Author : Lauren Tarshis
Series : I Survived #1
YL=3.4、単語数=10374、ページ数=96、☆4.0
[Kindle Edition]

10歳George Calderは妹Phoebe、叔母のDaisyと共に豪華客船Titanicに乗って
海を渡っている幸運がとても信じられなかった。
このとてつもなく巨大な船の中は、好奇心旺盛で行動的なGeorgeにとっては
この上ないエキサイトな場所で、
毎日冒険に繰り出してはDaisy叔母さんにお小言をくらっていた。
彼は乗客の荷物の中にエジプト女王のミイラがあるという噂を聞き倉庫に忍び込むが、
その時船全体を揺るがす振動が起きて海水が流れ込んできた・・・
・・・
Magic Tree Houseタイタニックの回を読んだ勢いで、
以前から気になっていたこの本を読んでみることにしました。
タイトルからして生存者の話を基に再構成した半実話なのかと思っていたのですが、
後書きにあるように全くのフィクションのようですね。
確かにGeorgeが船の設計者から秘密の通路の話を聞いたり、
倉庫の中で出会った悪者に命を助けられたりとかあまりに都合の良い展開ですし、
史実としてのタイタニックの悲劇を知りたいという人には肩すかしかもしれません。
ただ物語自体はなかなか面白くて、
この体験によってGeorgeが人間的に成長した後日談も良かったと思います。

まあ個人的にはお兄ちゃん大好きな眼鏡っ娘、科学や歴史のお話が好きで、
タイタニックに隕石が落ちたらどうなるの?と質問してくれる8歳の妹、
Phoebeが助かっただけで満足です。(^^)

ここまでの合計。324冊、単語数=2285568


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。