So-net無料ブログ作成
検索選択

The Case of the Missing Family (The Buddy Files #3) [英文多読]

■英文多読に挑戦(263冊目)

0807509345The Case of the Missing Family (Buddy Files)
Dori Hillestad Butler
Albert Whitman & Co 2010-09

by G-Tools
Author : Dori Hillestad Butler
Series : The Buddy Files #3
YL=3.3、単語数=11782、ページ数=131、☆4.0
[Kindle Edition]

明日はママと一緒にテストを受けて、セラピー犬となってConnorと一緒に学校に通うんだ。
すっかりConnor一家の家族となったBuddyだが、夜になって皆が寝静まると庭に出て
Kayla一家のことを考えていた。
ところが無人のはずのKaylaの家に灯が点り、誰かがいる。
慌てて行ってみると、Buddyをpoundに放り込んだMarty叔父さんと
その女友達が家の中の家具を車に積み込んでいた。
彼らはこれをどこに持っていくの?何故Kayla達が来ないの?
Buddyは荷物の中に潜んで叔父さんの行く先を探ろうとする。
そして苦労の末にSpringtownに行き着いたBuddyは・・・
・・・
前巻でKaylaとパパはお祖母さんの住むSpringtownで竜巻に遭ったことが
犬達のネットワークで分かったのですが、
Buddyは彼らが戻って来られず、家が「FOR RENT」になったと言うことは、
Kayla達は**でしまったのではないかと案じます。
※Buddyは縁起の悪い単語は使いたくないそうなので私も伏せ字にしてみました。(^^)
ネタバレになりそうなので詳しくは書きませんが、
Kayla一家の失踪についてはもっと先まで引っ張るのかと思ったら、
意外にあっさりと決着が付いてしまいました。

なんとも寂しく、でも同時に新しい生活に期待しつつ、第一部完です。

ここまでの合計。263冊、単語数=1755078

<関連リンク>
・INDEX - The Buddy Files


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。