So-net無料ブログ作成
検索選択

Claws! [英文多読]

■英文多読に挑戦(249冊目)

0545289335Claws! (Goosebumps Horrorland)
R. L. Stine
Scholastic Paperbacks 2011-03

by G-Tools
Author : R. L. Stine
Series : Goosebumps Hall of Horrors #1
YL=3.8、単語数=21424、ページ数=160、☆4.5
[Kindle Edition]

Mickeyは親友のAmandaと共に隣に住むCaplan夫妻の休暇の間、彼らの飼い猫Bellaの
世話をすることになった。
2人の仕事は朝晩のBellaの食事とトイレの掃除だけで、かなり割のいいアルバイトに思えた。
しかし不注意で玄関のドアを閉め忘れ、Bellaは逃げだしてトラックにはねられて死んでしまう。
Mickeyはどうすれば良いのか分からず途方にくれるが、
Amandaの考えた似たような猫を探して身代わりにするというアイデアを
ばかげていると思いながらもペットショップCat Heavenに行く。
猫探しは難航するが、偶然入ってしまった店の奥の立ち入り禁止の部屋で、
Bellaと瓜2つの猫を見つける。
しかし店員にそれは絶対に販売しないと言われ、思いあぐねた2人はその猫を盗み出してしまう。
そしてそこからMickeyの恐怖の日々が始まる。
・・・
私はスプラッターなのは苦手ですが、こういう「Twilight Zone」系のホラーは大好きです。
死んだ猫の身代わりを探すというのはよくあるパターンかもしれませんが、
ラストに向けての思いがけない展開は十分に楽しませていただきました。
このエンディングがバッドなのかハッピーなのか何とも言えないのですが、
子供向けを意識してか後味が悪くないのが良いですね。

R.L. Stine氏は言わずと知れた児童向けホラー小説の大家です。
彼の作品はいつか読んでみたいと思っていたのですが、
作品数が多くて似たようなタイトルばかり (^^;
しかもYLレベルは5前後のものが多いので、今までなかなか手が出ませんでした。
でも調べてみるとこのHall of Horrorsシリーズは比較的低学年向けで、
1つの章は短くて会話が多いので、かなり読みやすいと思いました。
実際主人公Mickeyの運命がどうなるのかドキドキしながら2万語をあっという間に
読んでしまいました。(^^)
ホラーといっても夜中にトイレに行けなくなるほどは怖くないので(たぶん)、
このレベルで面白い作品を探しているタドキストにはオススメです。

ところで私はTwitterでStine氏をフォローしているのですが、
彼のプロフィールは「My job: to terrify kids」だそうです。なるほど。(笑)

ここまでの合計。249冊、単語数=1602909


にほんブログ村 本ブログ 洋書へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。