So-net無料ブログ作成
検索選択

英文多読に挑戦(63週目) [英文多読]

■読書記録 2011年10月10日~2011年10月16日 

228.
0590108441The Sleeping Giant of Goll (Secrets of Droon)
Tony Abbott Tim Jessell
Scholastic Paperbacks 2000-02

by G-Tools
YL=3.7、単語数=8309、ページ数=91、☆4.0
Secrets of Droon #6
前回の冒険から2週間経つのに3人の誰もDroonの夢を見なかった。
昨日の夜にしてもNeilはデカいピザを食べた夢だし、Ericは金属のゴミ箱を
金槌でバンバン叩く夢だった。
ところがJulieが駆け込んできて、金の王冠をかぶって空を飛ぶスゴイ夢を見たと言う。しかも彼女はPrincess Julieになったのだそうだ。
今回3人が降りたのは大きな湖の畔。そこにKeeah達が乗った潜水艦が現れ、
一行はSparrが蘇らせようとしているブロンズの巨人Zorの墓に向かう。
しかし時既に遅く、Zorは起動してしまいSparrの僕としてEric達を襲う。
そこに青い羽根を持った大きなドラゴンが現れて・・・
・・・
前巻の感想で3人組があまり役に立っていないと書きましたが、
前言撤回、今回は大活躍でしたね。(^^)
巨人やドラゴンが登場するなどかなり本格的なファンタジーになってきましたし、
Sparrが実はUpper World(現実の世界)の住人だったと驚きの事実も判明し、
読者の興味を引きつけることも忘れていないのはさすがです。(笑)
冒頭のEricとNeilの夢も実はDroonでの冒険に繋がっていたのですが、
もしJulieの夢が無かったら誰も気が付かなかったかもしれないわけで、
Keeahさんはもう少し分かり易い夢を見させてあげたらいかが?(^^ゞ

229.
0448427052Girls Don't Have Cooties #4 (Katie Kazoo, Switcheroo)
Nancy Krulik John and Wendy
Grosset & Dunlap 2002-11-11

by G-Tools
YL=3.0、単語数=7225、ページ数=80、☆4.0
Katie Kazoo, Switcheroo #4
KatieはSuzanneからクラスの女の子全員を招待するSleepoverの計画を聞かされる。
ところがJeremyからも遊園地で新しいジェットコースターに乗らないかと誘われ、
Katieはパーティを理由に断るしかなかった。
女子だけでイベントをやることに怒ったJeremyとクラス3Aの男子は、
すべての女子はシラミを持っているとからかい、クラスはまたしても
男女に2分して喧嘩を初めてしまった。
Katieはなんとかそれを収めようとするが、またあの竜巻のような風が吹いて、
彼女は今度はなんとJeremyに変身してしまう。
・・・
欧米ではこの年頃の女の子がSleepover Partyをやるのは習慣みたいなものなのかな?
日本では小学生のパジャマパーティはあまり聞かない気がするのですが。
ちょうど性差を意識し始める頃でもありますし、男女に別れてクラスが2分するのは国を問わないようですね。
Katieが母親に「男の子達は2度と女の子と口をきかないのかしら?」と聞いた時に
「そんなことは無いから心配しないで」と笑って答えるあたりは経験者は語るというところでしょうか。(^^)

230.
0439813883Pearl the Cloud Fairy (Rainbow Magic)
Daisy Meadows Georgie Ripper
Scholastic Paperbacks 2006-07

by G-Tools
YL=2.8、単語数=4145、ページ数=80、☆4.0
The Weather Fairies #3
お隣のTwitching夫妻が飼い猫のFidgetを見かけなかったかと尋ねて来た。
Kirstyは2人の頭の上に何か霧のようなもやもやしたものが浮いているのを見て
不思議に思う。
ところがRachellと一緒に魔法の羽根を探しに街に出てみると、行き交う人々は皆
頭の上に小さな雲を浮かべて、不機嫌だったり悲しそうな様子だった。
これはゴブリンの持つ羽根のせいに違いないと確信した2人は、雲の妖精のPearl
一緒に問題の雲の発生源だと思われるお菓子工場に潜入するが・・・
・・・
今回取り戻したのは雲をコントロールする羽根でしたが、
その力によって、人々の頭の上に浮かんだ雲がその人の気分で雨が降ったり
稲妻が光ったりするのが面白いですね。
ラストは行方不明だったFidgetは実は・・・という展開ですが、
もしかしたら後々の続編に繋がるのかな。(^^)

ここまでの合計。230冊、単語数=1388064
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。