So-net無料ブログ作成
検索選択

英文多読に挑戦(59週目) [英文多読]

■読書記録 2011年9月12日~2011年9月18日 

218.
0590108425City in the Clouds (Secrets of Droon)
Tony Abbott David Merrell
Little Apple 1999-10

by G-Tools
YL=3.7、単語数=7933、ページ数=96、☆4.0
Secrets of Droon #4
学校からの帰りのバスの中で、Nealのスニーカーが突然弾けBugの足が現れた。
魔法は解けたはずなのにどうして?
3人はDroonで異変が起きたことを感じ、地下室の小部屋に向かう。
今回魔法の階段が着いたのはなんと空の上、そこに銀色の大きな飛行物体があらわれ、3人は飛び移るがそれにはSparrが乗っていた。
向かうのは空中都市Ro。
魔法のダイアモンドの力で姿を隠しているが、年に一度だけ補充するために姿を現す。
Sparrはそのダイアモンドを狙っているらしい。
Eric達はKeeahと一緒にそれを阻止しようとする。
・・・
記憶の都市Roの中心部には、Droonの過去から現在までのすべてが壁に書かれている塔があり、そこには未来までが記されているのだそうです。
行きたいような行きたくないような。(^^;
そしてなんと将来EricがSparrを助けると書かれているらしいです。
また新たな伏線が張られて、いよいよこの先が気になります。
上手いなあ。(^^)
すっかりとBugの感覚が身についてしまったNealですが、
現実の世界で虫に変身するのはちょっとかんべんして欲しいですよね。

219.
0807592072The Woodshed Mystery (Boxcar Children Mysteries)
Gertrude Chandler Warner David Cunningham
Albert Whitman & Co 1990-03

by G-Tools
YL=3.3、単語数=18660、ページ数=180、☆4.5
Boxcar Children Mysteries #7  [Kindle Edition]
ある日Jane大叔母さんから電話があり、彼女やお祖父さんが生まれ育った
New Englandの農場が売りに出されたと言う。
そこに再び移り住みたいと言う姉のためにMr.Aldenは即座に行動を起こし、
その土地を購入してすっかり古びて汚れてしまった家の改修を始める。
ところがどうも周囲の住人達はその家に対してあまり良い印象がないらしい。
彼等は昔からその土地にはなんとなく悪い噂があって避けてきたのだと言うが、
その噂が具体的にどういうものなのかは誰もよく知らない。
Henry、Jessie、Violet、Bennyの4人の兄弟姉妹はJane大叔母さんの住まいとなる
その家の謎を解くために行動を開始する。
・・・
今回は今までで一番面白かったかな。(^^)
大叔母さんの若いころの話と南北戦争時代の出来事をからめたシナリオは秀逸だと
思います。
それにしてもJane大叔母さんの若い頃にそんなことがあったとは驚きですし、
それを過去の話として終わらせないのがこの作品の良いところですね。
今回Violetは昔の書物をひもといてこの場所で何が起こったかのヒントを探し出すなど
なかなかの活躍でしたが、安楽椅子探偵の素質十分と見ました。(笑)
思った通りJessiは弁護士のJohn Carterに思いを寄せているようですが、
次回はFBIにも関係しているというそのCarter氏に何かありそうな思わせぶりな終わり方がなんとも憎いですね。(^^)
そうそう、本巻のイラストはかなり手抜きじゃないでしょうか。
せめて女性陣はもう少し美人に描いてあげたらいかが?

ここまでの合計。219冊、単語数=1298053


先々週は読了した本が1冊も無くて、1週間開いてしまいました。
なかなかエンジン全開になりませんね。
まあ少しずつでも継続することが大事ですよね。と言い訳しておこう。(^^ゞ
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

maple

I can't speak English.
とは言わない。
I don't speak English.
と言うのが英語的に正しいって、本がありました。英語を使う習慣があるかないかという観点
らしいです。英語に触れる習慣こそが大事なんですよねぇ。
私は仕事で英語を使うことがめっきりなくなり、英語力ががた落ちです。私もkoikoiさんを
見習って、英語に触れる機会を増やさなければ。
by maple (2011-09-21 21:31) 

koikoi

mapleさん、こんばんは。

can'tではなくてdon'tだというのは、私もどこかで聞いたことがありますが、
なるほど習慣的な意味合いだったんですね。

私の場合、現在もこれからも生活の中で英語を使う機会はあまりなさそうなのですが、
英語の小説を原書でスラスラ読めるようになりたいという願望だけで多読を続けて
います。(^^ゞ

最近ではそれほどお金をかけずに英語を勉強出来る手段も多くありますし、
是非チャレンジしてみて下さいね。
まあ一番効果があるのはネイティブの人を彼氏に・・・(以下自粛)
by koikoi (2011-09-22 01:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。