So-net無料ブログ作成
検索選択

英文多読に挑戦(36週目) [英文多読]

■読書記録 2011年3月13日~2011年3月20日 

153.
0679887539Blue Ribbon Blues: A Tooter Tale (A Stepping Stone Book(TM))
Jerry Spinelli Donna Kae Nelson
Random House Books for Young Readers 1998-02-17

by G-Tools
YL=3.0、単語数=6385、ページ数=80
A Stepping Stone Book
Pepperday一家がSallyおばさん農場に引っ越してきてから2ヶ月が経った。
Tooterを一人前のfarmerにするというはおばさんの計画で、
彼女はJackという男の子と知り合い、ヤギをcounty fairに出すことになった。
絶対にJackに勝って優勝すると張り切る彼女だが、
コンテストの2日前にとんでもないことが。
・・・
「Tooter Pepperday」の続編。
前作でようやく田舎での生活を受け入れたTooterですが、
完全にfarmerになることがなかなか出来ません。
ヤギの世話を通して彼女が農場の生活に慣れていく様子が楽しく描かれています。
続編はまだありませんが、シリーズになりそうな感じですね。

154.
0679890505Magic Tree House #13: Vacation Under the Volcano (A Stepping Stone Book(TM))
Mary Pope Osborne Sal Murdocca
Random House Books for Young Readers 1998-03-24

by G-Tools
YL=3.3、単語数=5821、ページ数=80
Magic Tree House #13
JackとAnnieがマスター・ライブラリアンになってはじめての仕事は、
古代ローマ時代のポンペイの街から失われてしまった本を探すこと。
ところが着いたその日はなんとベスビオス火山が噴火したその日。
2人は無事に本を持ち帰ることが出来るのだろうか。
・・・
慎重なJackが、大好きなローマ時代ということで積極的に行動するのに対して、
向こう見ずなAnnieが危険を感じて尻込みするといういつもとは逆の展開ですね。
相変わらずAnnieの動物的な勘には感心します。

155.
0375832203Magic Tree House Research Guide #14: Ancient Rome and Pompeii: A Nonfiction Companion to Magic Tree House #13: Vacation Under the Volcano (A Stepping Stone Book(TM))
Mary Pope Osborne Natalie Pope Boyce Sal Murdocca
Random House Books for Young Readers 2006-04-25

by G-Tools
YL=3.6、単語数=5837、ページ数=128
Magic Tree House Research Guide #14
Magic Tree House第13巻「Vacation Under the Volcano」のリサーチガイド
前半は古代ローマの成り立ちから、その街や人々の生活の様子と軍隊について。
またカエサルや暴君ネロなどローマ時代の歴史上の有名な人々の紹介。
後半はベスビオス火山によって埋もれてしまったポンペイついて
当時の人々の生活や遺跡が発掘されたいきさつなどが詳しく書かれています。
いつもより教科書的な記述が多くて少し難しい気がしました。

ここまでの合計。155冊、単語数=745009、ページ数=12184


地震から1週間が経ち、仕事もようやく一段落したところなので、
一生懸命多読をしたいと思うのですが、頻繁に余震があったり
原発のニュースが気になったりとなかなか落ち着いて読書する気分になれません。
被災地の方はまだまだ大変だと思いますが、私たちはそろそろ日常を取り戻して
自分が出来ることを精一杯やるしかないのだと思います。
と言うことで、英文多読もそろそろエンジンを全開にして行かなければ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

maple

関東のほうも、比較的大きな余震と放射能騒ぎで落ち着かないですね。
できる限りいつもどおりすごそうとしていますが、どこか現実感がなくて。

ポンペイのお話は興味深いです。
昔上野の博物館でポンペイ展があったときに見に行きましたが、
当時の生活が見事に再現されていました。
英語ではどんな風に書かれているんだろう…難しくてわからないかしら(^^;)
by maple (2011-03-24 23:49) 

koikoi

mapleさん、こんばんは。

>どこか現実感がなくて。
ホントそうですね。
つい2週間前までは考えられなかったことが起こっていて、
そこに余震や停電で集中力がなくなり、
これからどうなるんだろうという不安で、
皆がふわふわした気持ちでいるんじゃないでしょうか。

先ずはおおもとの原発がどうにかならないと落ち着かないですが、
ただ見ているしかないのが歯がゆいですね。
ともあれこれから先もきびしい現実が待ち受けているのは確かで、
せめて私たちは出来る限りの準備をしておきたいと思います。

>ポンペイ展
そんなのがあったんですね。見に行きたかったなあ。
上でご紹介している本はアメリカでは小学生が読むレベルなので、
高校生くらいの英語力があれば十分に理解できると思いますよ。
まあ内容もそれなりなんですが、(^^ゞ
400円くらいの本なのでお暇があったら試してみてはいかがでしょうか。
by koikoi (2011-03-26 02:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。