So-net無料ブログ作成

英文多読に挑戦(30週目) [英文多読]

■読書記録 2011年1月30日~2011年2月5日 

131.
0375824804A to Z Mysteries: The White Wolf (A Stepping Stone Book(TM))
Ron Roy John Steven Gurney
Random House Books for Young Readers 2004-11-23

by G-Tools
YL=3.3、単語数=8983、ページ数=96
A to Z Mysteries #23  [Kindle Edition]
ミステリー作家Wallisにメイン州にある彼女の別荘に招待された3人組。
そこでWallisの養女となった車椅子の少女Abbiと出会う。
Abbiは別荘の周りの動物の声を録音したり、望遠鏡でその様子を観察するのが趣味で、近くの山で3匹の子供を育てている白いオオカミを見せてくれる。
ところがなんとAbbiが望遠鏡で見ている前で子オオカミが盗まれてしまう。
Abbiの代わりに手がかりを探す3人。果たして犯人を見つけ出すことは出来るのか?
・・・
どこまでもアクティブなRuth Rose。山で道に迷いそうになった時に、
Joshが「永久に彷徨って木の枝や皮を食べなくちゃならないんだ」と泣言を言うと、
Ruth Rose「そうしなさい、でも私は嫌よ」と高い木に登り始め、
Josh「何処に行くのさ」
Ruth Rose「ハンバーガーとミルクシェイクがある所よ」
笑いました。(^^)

132.
081186250XIvy + Bean - Book 3: Break the Fossil Record (Ivy & Bean)
Annie Barrows Sophie Blackall
Chronicle Books 2007-12-20

by G-Tools
YL=3.4、単語数=7917、ページ数=124
Ivy and Bean Book3  [Kindle Edition]
BeanとIvyのクラスは只今読書の時間。
集中力の全く無いBeanにはただただ退屈な時間。
それを見越したAruba-Tate先生は「The Amazing Book of Workd Record」
という本をBeanの為に持ってきてくれた。
その本は様々なワールドレコードが載っている本だった。(ギネスブックですね)
本に書かれた奇妙な記録にBeanばかりでなくクラス中が夢中になってしまい、
各々が自分も世界記録を打ち立てようと考える。
色々失敗の末に、BeanとIvyは恐竜の骨を発掘して最年少の古生物学者になろうと
庭を掘り始めるが・・・
・・・
頭脳派のIvyと肉体派のBean。全くタイプが違う2人が一緒に行動すると、
何故かいつもとんでもない方向に話が進みます。
今回も化石好きのIvyにBeanが乗せられたという感じですが、
最後はIvyの機転に助けられました。

133.
0689862970The Invisible Fran (Franny K. Stein, Mad Scientist)
Jim Benton
Simon & Schuster Children's Publishing 2005-05-17

by G-Tools
YL=3.0、単語数=4196、ページ数=112
Franny K. Stein Mad Scientist #3
担任のShelly先生の授業で生徒達は自分の趣味を披露することになった。
マッドサイエンスこそがこの世で一番素晴らしい趣味だと思っているFrannyは、
クラスメイト達をマッドサイエンスの世界に引き込むために、双頭のロボットを作って披露するが皆の受けは今一つ。
そこで透明人間になる方法を発明し、透明になってクラスメイト達の耳元で
自作のロボットの素晴らしさを説いて暗示にかける。
ところが見事にそれに洗脳された友人達がその夜勝手に改造したために
ロボットは暴走を始めてしまう・・・
・・・
久しぶりのFrannyシリーズですが、彼女の発明品が暴走するのはお約束です。(^^;
マッドサイエンスは彼女だけにしておいた方が良さそうですね。

134.
0679863745Magic Tree House #8: Midnight on the Moon (A Stepping Stone Book(TM))
Mary Pope Osborne Sal Murdocca
Random House Books for Young Readers 1996-10-29

by G-Tools
YL=3.4、単語数=5660、ページ数=80
Magic Tree House #8
Jackは眠っているところをAnnieに起こされる。まだ深夜じゃないか。
満月の光がMを助けるための4つめのアイテムを探す力になってくれるに違いないからとAnnieに強引に誘われて、Jackも仕方なく月明かりの下をTree Houseに向かう。
そして彼らが向かった先は、何と未来の月基地だった。
・・・
これで第2クール完結ですが、未来に跳んだのは今回が初めてですね。
相変わらず後先を考えないAnnieにはヒヤヒヤしますが、
何とか無事にMを助ける事が出来ました。
月で出会ったSpace Manの正体はいつか明らかになるんでしょうか?

ここまでの合計。134冊、単語数=600926、ページ数=10071
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。