So-net無料ブログ作成
検索選択

英文多読に挑戦(22週目) [英文多読]

■読書記録 2010/12/05~2010/12/11 

98.
0590691260The Case of the Christmas Snowman (A Jigsaw Jones Mystery)
James Preller R. W. Alley
Scholastic Paperbacks 1998-11

by G-Tools
YL=2.4、単語数=6390、ページ数=74
A Jigsaw Jones Mystery #2
今回の依頼は、クラスメイトのLucy。
父親に内緒で持ち出した珍しいコインをなくしてしまったので探して欲しいと言う。
最後にそのコインを貸したのが、クラスで一番大きくてちょっと怖いBigs。
彼は失くしてしまったと言うのだが、JigsawとMilaは怪しいとにらむ。
果たしてコインの行方は。
・・・
この作品は随所に子供が学ぶことに興味を持つような配慮がなされているのが
特徴かもしれません。
主人公のJigsawが決してヒーローではなく、推理が外れた時に思い切り落ち込んだりするのが普通っぽくて良いですね。

99.
067988999XClass President (A Stepping Stone Book(TM))
Louis Sachar Amy Wummer
Random House Books for Young Readers 1999-03-16

by G-Tools
YL=2.5、単語数=5845、ページ数=68
Marvin Redpost #5
今日は「穴の開いた服を着てくる」というユニークな学校行事の日。
ところが何とその日にMarvinのクラスに合衆国大統領が参観に来ることになった。
先生のMrs.NorthとMarvin達は緊張して大統領を迎える。
・・・
大統領は格好いいですし、有名TVレポーターに対するNorth先生の毅然とした態度も立派でした。
大統領と子供達との会話は微笑ましくも感心させられました。
「穴の空いた服を着てくる日」というのは日本では考えられないですが、こういうユーモアが日本の教育にも欲しいところですね。
もし総理大臣が日本の小学校を訪れても、こんなスマートな展開にはならないよね。

100.
0375802703A to Z Mysteries: The Orange Outlaw (A Stepping Stone Book(TM))
Ron Roy John Steven Gurney
Random House Books for Young Readers 2001-10-23

by G-Tools
YL=3.4、単語数=7493、ページ数=96
A to Z Mysteries #15  [Kindle Edition]
Dink、Josh、Ruth Roseの3人はNYのDinkの叔父さんを再び訪ねる。
今回は目的はCentral Park Zooへの寄付を募るためのブロックパーティ
ところがパーティで様々なパフォーマンスを楽しんで帰ってくると、
叔父さんが友人から購入しようとしていた高価な絵画が盗まれていた。
叔父さんの部屋は高層アパートの上層階で、ドアマンのRogerは住人以外出入りした者はいないと言う。
果たして犯人は誰なのか。
・・・
3人の行く所には必ず事件が起こります。(^^)
今回の犯人は意外でしたが、結構あっさりと解決してしまったので、
ちょっぴり肩すかしかも。

101.
0811849090Ivy and Bean Book 1 (Ivy & Bean)
Annie Barrows Sophie Blackall
Chronicle Books 2007-05-03

by G-Tools
YL=3.3、単語数=7811、ページ数=120
Ivy and Bean Book1  [Kindle Edition]
Beanは快活でいたずら好き、ちょっとがさつな7才の女の子。
ママからは事あるごとに近所に住むおしとやかでいつも本を読んでいるIvyのような子と友達になりなさいと言われている。
でもBeanはあんな変な子とは友達になりたいと思わない。
ところがある日、姉のNancyにいたずらをしようとしたのがきっかけでIvyの部屋に逃げ込むことになる。
Ivyは本気で魔女になりたいと思っているやっぱり変な子だったが、
彼女と意気投合し、2人でNancyに一生踊り続ける魔法をかけようと企む。
果たしてその結末は。
・・・
この作品は7才の女の子2人組が日常の中で巻き起こすドタバタコメディで、
米国では同年代の女の子にかなり人気があるようですね。
前から気になっていたのですが、どこを探しても感想などが見当たらず
不安ではありましたが、Kindleのサンプルを見て大丈夫そうだったので読んでみることにしました。
実際に住んだことが無いので、どこまでリアリティがあるのかは分りませんが、
2007年に出版された本書はまさに現在の子供達の物語という感じで、
中には2人の酷いイタズラに眉をひそめる人もいるかもしれませんが、
確かに同世代の子供には共感を得そうですし、そういう子の親達には身に覚えのある部分が多いのではないでしょうか。
個人的にはかなり楽しめたので続編も読んでみたいと思います。
英文は平易で文章のテンポも良く、難易度も「A to Z」よりはちょっと下という感じかな。

ここまでの合計。101冊、単語数=403163、ページ数=6909
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

パーシー

こんばんは。

相変わらず、読んでみえますねー!
ペーパーバック、独特の味がありますよね。
若いころ、読めもしないのに、なぜか数冊持ってたりしました。
きっと片岡義男さんの影響だったのかも。(苦笑)
ペーパバックといえば、
日本の文庫本は高くなりましたよねぇ。
自分が本を乱読してた10~20代のころからすると、
ページの多いものだと、昔の単行本ぐらいのお値段もしますし、
なんだか「読み捨て感覚」から遠くなった気がします。
まあ、コスト面や中間マージンやら、嗜好の多様化などいろいろあるんでしょうが。
そう言う部分も含めて、電子書籍が広がって、
画面で文字を読むことに慣れている若い方が、
文学なんかにとっつきやすくなる機会が増えるといいなぁ...と思いますが、
どうなんでしょうね。

あ、iPhoneジャケットの件、ありがとうございました。
当分、↓で落ち着くかもです。(笑)
3色のうちの、クリアブラックです。
http://www.pawasapo.co.jp/products/iphone/phk11.php
by パーシー (2010-12-13 02:46) 

パーシー

あ、間違えました。
TUNEWEARのほうでした~(汗)
スモークです。こっちのほうが、しっかりしてたので。
ロゴは...要らないんですけどねぇ。(苦笑)
http://www.focal.co.jp/products/detail.php?product_id=345
by パーシー (2010-12-13 03:24) 

koikoi

パーシーさん、こんばんは。

>ペーパーバック、独特の味がありますよね。
そうそう。紙質は悪いし製本も雑なのに、何故かページをめくるのが楽しかったりしますよね。
私も学生時代は背伸びしてマクベインとかチャンドラーのPBに挑戦したのですが、
あっけなく挫折して、なんとか読めたのはシドニー・シェルダンくらいでした。(^^ゞ
今回はそこまで辿り着けるかなあ。(^^;

>日本の文庫本は高くなりましたよねぇ。
本当にそうですよね。私は以前は既に持っている本でも、読みたくなったらその辺の本屋に入って文庫本を買ってしまいました。
なので気付くと同じ本が何冊もあったりしたのですが、最近はとてもそんなことは出来なくなりました。
若い人の本離れは価格も関係あるかもしれませんね。

>電子書籍
自分でiPadやKindleを使ってみて感じるのですが、紙の本を読まない人は結局電子書籍も読まないんじゃないかという気がします。
子供の頃から電子端末に触れている人達が全く新しいコンテンツを生み出す可能性はありますが、もしかしたらそれはもう本とは呼べないシロモノになる可能性が・・・。


iPhone4のジャケットはTUNEWEARにされたんですね。(^^)
実は最近電子マネーカード(スイカとか、東海方面はトイカ?)のホルダーが付いているジャケットが欲しくなってしまったり。(^^ゞ
by koikoi (2010-12-14 02:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。