So-net無料ブログ作成
検索選択

英文多読に挑戦(3週目) [英文多読]

■読書記録 2010/07/26~2010/07/31

9.
0064440583Days with Frog and Toad (I Can Read Book 2)
Arnold Lobel
HarperCollins 1984-09-05

by G-Tools
YL=1.2、単語数=2074、ページ数=64

10.
0064440206Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)
Arnold Lobel
HarperCollins 1979-10-03

by G-Tools
YL=1.2、単語数=2275、ページ数=64

11.
0064440214Frog and Toad Together (I Can Read Book 2)
Arnold Lobel
HarperCollins 1979-10-03

by G-Tools
YL=1.2、単語数=1968、ページ数=64

12.
0064440591Frog and Toad All Year (I Can Read Book 2)
Arnold Lobel
HarperCollins 1984-09-05

by G-Tools
YL=1.2、単語数=1722、ページ数=64

ここまでの4冊はArnold Lobelの「Frog and Toad」というシリーズの絵本。
小学校の国語の教科書にも載ったことがあり、日本でも人気の作品です。
フロッグとトードの様々な物語に笑ったりあきれたりしながらも2人の友情を感じることができて、幼児向けの作品ながら大人でも楽しく読めます。

13.
0064441040Uncle Elephant
Arnold Lobel
HarperCollins 1986-10-09

by G-Tools
YL=1.2、単語数=1785、ページ数=64
ボートで出かけた両親が嵐で行方不明になって独りになってしまった子象の元に
おじさん象が訪れ彼の家で一緒に暮らすことになる。
傷心の子象を励まそうとするおじさん象のほのぼのストーリー。
これも「Frog and Toad」と同じArnold Lobel作で、この方の著書はどれも人気があるようですね。

14.
0394865871Little Witch's Big Night (Step into Reading)
Deborah Hautzig
Random House Books for Young Readers 1984-10-12

by G-Tools
YL=1.2、単語数=908、ページ数=48
ハロウィンは魔女にとって晴れ舞台。
ところがママに怒られたLittle Witchはひとり留守番をいいつけられる。
悲しむ彼女の家にハロウィンの変装をした子供たちがやって来るがあげるお菓子がない。でももっと素敵なことを思いついて楽しいハロウィンの一夜を過ごす。
魔女なのに悪いことが出来ないLittle Witchの楽しいお話です。
女の子向けの作品なのかな?挿絵も綺麗でさっと読めました。


前回まではいずれも外国学習者向けのGR(Graded Reader)でしたが、
今週はネイティブの子供達向けにレベル分けされた絵本=LR(Leveled Reader)を読んでみました。
語数制限でちょっと無理して作られていると感じるGRよりも、こういう子供達に面白く読ませようと工夫している作品は大人が読んでも面白いです。
さすがにこのレベルはさらさらと読めますが、
時々見たこともないような単語が出てくるのが難点です。(^^ゞ
今後もLRを中心にGRを混ぜて読んでいきたいと思っています。

ここまでの合計。14冊、単語数=28614、ページ数=588
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

maple

先日は失礼しました(^^;)

子供向けの本って、結構難易度が高そうですね。
子供言葉とか、なかなか知る機会がないですものね。
by maple (2010-08-04 23:20) 

koikoi

mapleさん、こんにちは。
私も遅レスになってしまって申し訳ありません。

>先日は失礼しました(^^;)
え?何か失礼されましたっけ?
と一瞬考えてしまいましたが、typoのことですよね。
それは私もあちこちでやっているので、お気になさらず。(^^)

>子供向けの本
日本語の絵本でも同じなんでしょうが、独特のノリってありますよね。
それに仰るように辞書にも載っていないような子供言葉もありますし。
でもそういうのは文脈でなんとなく理解出来ますし、
読んでいて結構楽しかったりします。
自分の通常の読書行動ではおそらく読まないだろうこういう本に接することが
出来るのも多読の良さなんでしょうね。
by koikoi (2010-08-06 12:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。